空知を語る 24首長

空知を語る 24首長(3)滝川市 前田 康吉市長

2017年09月13日 11時33分

観光面を含めたハード対策を滝川市 前田 康吉市長

 空知川と石狩川が合流する滝川市。舟運の時代から道路や鉄道の時代に変わったが、古くから交通の拠点という役割を果たしてきた。今も川の恵みを生かしながら数々の施策を打ち出し、人口減少という課題に立ち向かっている。

 ―滝川の特徴は。

 治水の歴史があること。空知川と石狩川の合流点ということもあり、古くから川と密接で、治水から始まった建設業者も多い。川の恵みを農業や畑作に活用しているだけではなく、市内で楽しめるグライダーも河川敷を活用したもの。全てインフラを整えていく過程の中で生まれた。

 ―まちの課題は何か。

 公共施設の維持管理だ。1965年から75年ごろに公共投資を積極的に推進したが、そのころの施設の補修や解体が大きな課題。ただ、公住の建て替え、空き家対策といった取り組みは計画的に進めている。ほかにも、若者の住む場所を確保するため、住み替え支援をしており、公園の規模見直しにも着手する。4月にはコンパクト化を図ろうと、機構改革で市街地開発調整課を設置した。「箱物のまち」とも呼ばれていたときもあったため、箱物の見直しをしていきたい。

 ―地域活性化に向けた対策は。

 観光面も含めたハード対策が必要だ。防水という観点から石狩川滝川地区水害タイムラインを策定したが、築堤や機材の在り方を広域的に協議していかないとならない。その一環で、例えば河川敷の一部を舗装して自転車を通れるようにし、サイクリングができるようにすればインバウンド向けの新しい魅力が生まれる。公共インフラをどう残し、活用していくかが重要になってくる。

 ―今後のまちづくりの展望は。

 人口の増減を見ると、社会減が減少してきている。公住整備、空き家対策、リフォーム助成、子育て施策など、各分野の施策が実を結んでいるのでは。また、CCRC構想も策定した。高齢になっても安心できるまちをつくるだけではなく、人手不足が企業の課題になっているため、高齢者にも活躍してもらいたいと考えている。このまちに暮らすことで高い満足度が得られるよう地方創生を進めたい。

 前田 康吉(まえだ・こうきち)滝川市出身、1954年8月30日生まれ。初当選は2011年で現在2期目。2017年5月31日付掲載


空知を語る 24首長 一覧へ戻る

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • web企画
  • 東宏
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

コストコ 石狩湾新港に道内2店目を検討
2019年12月12日 (3,215)
百年記念塔の解体近づく 価値認める建築家有志が反発
2020年03月15日 (2,679)
道央圏連絡道路泉郷道路8.2kmが開通 札幌開建
2020年03月11日 (2,229)
新型コロナウイルス感染症で産業用マスクが品薄
2020年02月06日 (1,587)
通行止めの野塚峠 高堂建設がトンネル付近の雪崩を除去
2020年03月11日 (1,541)

連載・特集

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第180回は「マスク」。まだ感染して いない人の予防としては無意味です。 感染防止にはこまめな手洗いを。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。