空知を語る 24首長

空知を語る 24首長(6)由仁町 松村 諭町長

2017年09月13日 16時10分

由仁町 松村 諭町長子どもに特化した施策発信を

 近年、若い女性を中心に、ファームレストランなどで注目を集めている由仁町。しかし、そうした華やかなイメージとは裏腹に、抱えている課題の打破に向け、静かに取り組みが始まろうとしている。

 ―まちの特徴は。

 農業のまちで、耕作放棄地がないということが特徴。由仁は人口約5000人のうち、約1000人が農業従事者だが、農業の機械化とともに農家人口が減少している。札幌や苫小牧が近く、千歳は隣接する自治体でありながら、その地の利の良さを生かし切れていないのが現状だ。

 ―まちが抱える課題は。

 やはり人口減少だが、人口が減り、町民の質が変わっていくという変化にどう対応していくか、そちらの方が課題だと思っている。今の由仁の人口は、明治30―40年に開拓が始まったときの人口ぐらいだが、昔と違うのは今は人口の平均年齢が53・3歳になっているということ。年齢が高い人口で構成しているという点が昔と違う。

 ―解決策は何か。

 公共施設の見直しだと思う。今あるものを廃止して、効率的で地域が必要なものを造ったり、代替施設にしたりする必要がある。学校施設関連では、ことしの春で小学校の統合が終わり、小・中学校とも各1校ずつになった。

 ―今後のまちづくりの展望を。

 人口減少社会を迎える中、量ではなく質の変化に対応したまちづくりを進めたい。今はスタートの段階で、まさにスクラップするところ。町民の期待は人口増加に向けた対策かもしれないが、他の自治体と同じことをやっていても増加には結び付かないのではないか。

 まだ由仁では〝これが独自〟というものはないが、今後の構想はある。それは子どもの健康と学力に特化した取り組みだ。健康に関しては現在、中学生に対するピロリ菌検査や子ども健診をやっている。また、学力については、将来的に小中学生に漢字検定や英語検定のTOEIC、TOEFLの受験をさせたい。こうした取り組みを進めることで、由仁は子どもの施策に力を入れているまちだと発信できると考えている。

 松村 諭(まつむら・さとし)岩見沢市出身、1956年6月27日生まれ。初当選は2015年で、現在1期目。2017年6月9日付掲載


空知を語る 24首長 一覧へ戻る

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • イイファス
  • 北海道水替事業協同組合
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

コストコ 石狩湾新港に道内2店目を検討
2019年12月12日 (3,183)
百年記念塔の解体近づく 価値認める建築家有志が反発
2020年03月15日 (2,684)
道央圏連絡道路泉郷道路8.2kmが開通 札幌開建
2020年03月11日 (2,236)
新型コロナウイルス感染症で産業用マスクが品薄
2020年02月06日 (1,583)
通行止めの野塚峠 高堂建設がトンネル付近の雪崩を除去
2020年03月11日 (1,541)

連載・特集

連載 サハリン・スケッチ new

サハリン・スケッチ
稚内市サハリン事務所の三谷将所長に、四半期ごとの定期連載で現地の様子を伝えてもらいます。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第180回は「マスク」。まだ感染して いない人の予防としては無意味です。 感染防止にはこまめな手洗いを。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。