空知を語る 24首長

空知を語る 24首長(9)美唄市 高橋 幹夫市長

2017年09月13日 16時15分

美唄市 高橋 幹夫市長医療の充実で魅力あるまちに

 札幌と旭川という大都市に挟まれた場所に位置する美唄市。急激な人口減少が産業に与える影響は大きいが、積極的な情報発信と医療の充実で魅力あるまちづくりを進めようとしている。

 ―まちの特徴は。

 基幹産業である農業の強みを生かした農商工連携や地産地消を進めている。地元のものを使う取り組みが増えてきていて、それをブランド化することで地域の活性化に結び付けようとしているところ。観光面では、何と言っても宮島沼だ。ことしは8万4000羽のマガンが飛来し、バードウォッチングの客が増えているので、利活用について環境省と連携しながら進めていきたい。

 ―まちの課題は何か。

 急速に進む人口減少だ。昭和30年代前半に約9万人だった人口は現在約2万3000人。子どもの数が減り、就労人材の確保は困難を極めている。また、さまざまなところで担い手不足が起き、商店街の店舗が閉店したり、農村地域では農地活用の問題なども出てきた。

 ―課題への解決策は。

 移住・定住促進策として、都心からの移住者に対する助成や、美唄から札幌に通勤する人への通勤手当の助成を展開している。

 交流人口拡大に向けた観光客の増加も目指しているが、インバウンドについては北海道全体で取り組む必要がある。美唄では4、5年前からサイクルツーリズムが盛んだ。食や景観、人に触れ、温泉や観光名所を回って、美唄のことを知ってもらえたらいい。そのためには情報の発信が何より重要で、魅力あるまちづくりを進め、田舎の魅力をブラッシュアップしていきたい。

 医療の充実やコンパクトシティの実現も重要だ。市では、駅や市役所を中心としたまちづくりを構想しており、市民検討会を立ち上げ、秋口ぐらいには計画をまとめたいと思っている。

 ―今後のまちづくりの展望を。

 取り組んでいる一つ一つの積み重ねが地域産業を支える根幹になっていて、ふるさと納税にも支えられている。そして何より安心して暮らし続けられることが大事で、それには医療の充実が欠かせない。2020年度には新しい市立病院を開業し、少子高齢化に対応できるよう、医療・福祉を連携させていきたい。

 高橋 幹夫(たかはし・みきお)1963年6月28日生まれ、美唄市出身。初当選は2011年で、現在2期目。2017年6月21日付掲載


空知を語る 24首長 一覧へ戻る

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • 東宏
  • 日本仮設
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

コストコ 石狩湾新港に道内2店目を検討
2019年12月12日 (3,215)
百年記念塔の解体近づく 価値認める建築家有志が反発
2020年03月15日 (2,679)
道央圏連絡道路泉郷道路8.2kmが開通 札幌開建
2020年03月11日 (2,229)
新型コロナウイルス感染症で産業用マスクが品薄
2020年02月06日 (1,587)
通行止めの野塚峠 高堂建設がトンネル付近の雪崩を除去
2020年03月11日 (1,541)

連載・特集

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第180回は「マスク」。まだ感染して いない人の予防としては無意味です。 感染防止にはこまめな手洗いを。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。