真砂徳子の起ーパーソン 明日をひらく人々 第50回 株式会社千野米穀店 代表取締役 徳永 善也さん

2012年01月27日 11時56分

 創業72年の千野米穀店(札幌市東区)は地域に根付くお米屋さんです。一昨年より、台湾でも北海道米の販売を始め話題となっています。取り扱う米は生産地に足繁く通い見極める、熱心な店主として知られる徳永さん。転機は、16年前、米アレルギーについて知り、アレルギー治療用米の共同研究に参画した事だったと振り返ります。

お米屋さんが、なぜ研究に関わることになったのでしょうか。

徳永 善也さん

徳永 91年に家業の千野米穀店に入社。その2年後に「平成の大冷害」による凶作で米が不足し、うちにもお客さんが殺到しました。品薄で国が緊急輸入したタイ米も売りましたよ。それが同年夏になり作柄が回復。買いだめているお客さんは買わない。輸入米も新米も余る一方。米の値段は急落し、弊社の売り上げは半減して。

 そんな時、今思えば、神様が与えてくれた宝物のような偶然が重なりました。専門書籍で「米アレルギー」のタイトルが目に留まり気になって。同時期に、米アレルギーの症状を軽減するのではないかと注目されていた「ゆきひかり」の評判を耳にし、早速アレルギー対応食の専門店を訪問したところ、ゆきひかりは間もなく店頭に並ばなくなると。

 80年代には、耐冷性と食味を兼ね備え普及したゆきひかりも、当時既に作付け面積が減少。当然出荷量は少なく仕入れ困難な品種だったんです。それで、即、弊社が納品させていただきたいと申し出ました。

 その後「ゆきひかりと米アレルギー」の研究に取り組まれる小児科の先生とご縁がつながり、研究に協力させていただけないかと懇願。今後の商売に頭を悩ませていた時期。研究経験など全くありませんでしたが、経営悪化をくい止める糸口になるのではないか、と考えたゆえでした。

 研究では、臨床試験のデータや被験者の苦しみを目の当たりにし、食べ物と身体の関わりを思い知る日々。耳切れや顔の発赤、肘や膝裏側の掻痒(そうよう)。その辛苦を思い、夜を徹し研究に励むチームの姿勢からは使命感も伝わってきて。米屋も〝人を生かす食べ物〟をご提供する仕事なんだと、次第に商売に対する意識が変わっていきました。

千野米穀店の商品は、8割が北海道米なんだそうですね。

徳永 今のように道外にも広く認知される以前から、北海道米はおいしかったんです。私は比較的早くから支持し、お客様や取引先に薦めていました。研究では寝ても覚めても、宴席でさえも米の話題。米の成育過程のこと、構造、おいしさと栄養成分の関わり、土壌や農薬について等、専門家が丁寧に教えてくれ、北海道米が良食味たる科学的根拠もよく理解していましたからね。

 ある時、取引先の料理人から、ロットが同じ米でもおいしさに差があると問われ、調べると、稲の移植の時期が違っていたり、乾燥調整がうまくいっていなかったり。おいしいお米を仕入れるためには、そこまで細やかな配慮が必要だと実感。

 それからは、できる限り生産者さんを訪ね、時には、研究者の専門的アドバイスを聞き伝えて、惜しみなく協力しています。生産者さんには、プライドを持って作った一番おいしい米を出してくれと。そんなことを言ってくれた米屋はいなかった、と彼らも喜んでくれて。生産者さんの志を感じ私も嬉しくなりました。何よりもおいしさが最優先。自身の誇りにかけて、食卓においしい米をご提供したい。生産者さんと私の気持ちは一つです。

 北海道米は海外でも好評。一昨年春、台湾の百貨店の催事に初めて出店し、厳選した600kgの北海道米を、魚沼産コシヒカリと同額で販売。開催期間終了を待たず売り切りました。北海道米の食味に自信を深める盛況でしたが、私はただ売りたいのではなく、そのおいしさを伝えたかった。

 完売後も試食用の米を炊飯し、一人でも多くのお客さんに味わってもらえるよう努めていました。その様子に百貨店の上層部も共感してくれて。北海道米の人気と品質の高さも認めていただき、すぐに取引が決まり、海外での販路の足がかりになりました。香港での商談も順調で、すでにご注文いただいています。

地元のニーズに応えながら、世界の市場も展望される徳永さんのビジョンは。

徳永 一昨年、札幌の百貨店内に北海道米のセレクトショップをオープンしました。食味の特徴が違う米を気軽に楽しめるよう、多種少量ずつ小分けにした、ギフト向け商品をはじめ、ここでは嗜好(しこう)品としての米を追求し、評判も上々です。

 海外の市場に打って出たのは、実は以前読んだ、明治時代の農学書「北海道米作論(酒匂常明著)」がきっかけでした。そこには〝凶年して米穀足らざれば必ず外国米を輸入し、豊年にして米穀剰りあれば、海外に輸出することけだし(食糧の)通則足り〟だと。北海道で米作が成功しわずか10年後に著された、ダイナミックな視点に、〝食糧〟としての米を認識。駆り立てられました。

 米は、嗜好品であり食糧。今後はその両輪で捉え、役目を果たせる米屋でありたい。何ができるのか模索しています。弊社の理念は「お米のおいしさを多くの人に伝え、幸せな食生活を創造すること」。作る人の気持ちを食べる人に届け、米のおいしさで幸せを共有したい。いずれは世界中の人たちと。おいしい米がもたらす〝笑顔の和〟をさらに大きく広げて行きたいですね。

取材を終えて

お腹も心も満たすもの

 〝おいしさ〟にこだわる商いで、創業以来のお客さまも多いという千野米穀店。食味の良い米がなかなか手に入らなかった戦中戦後でも、食感に粘りが出るようあえてもち米を加える工夫で、喜ばれていたそうです。食はお腹も心も満たすもの、と話す徳永さん。飽食の時代、といわれる今。徳永さんの奮闘に、食の豊かさをあらためて考えるインタビューでした。


ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • イイファス
  • 東宏
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

コストコ 石狩湾新港に道内2店目を検討
2019年12月12日 (2,983)
重大NEWS2019 令和元年を振り返る(1)再開発 札幌駅前で始動
2019年12月27日 (2,126)
札幌北5西1・西2再開を日本設計に実務委託
2019年12月27日 (2,007)
五輪マラソンコース整備で9.4kmにオーバーレイ
2020年01月05日 (1,892)
ススキノラフィラ 20年5月に閉店 新ビルに建て替えへ
2019年10月18日 (1,490)

連載・特集

連載 サハリン・スケッチnew

重大NEWS2019 令和元年を振り返る
稚内市サハリン事務所の三谷将所長に、四半期ごとの定期連載で現地の様子を伝えてもらいます。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第175回は「飲み疲れ」。お酒や食事で酷使した肝臓を労るには断酒や睡眠のほかアミノ酸を含む食品を積極的に取ることです。