空知を語る 24首長

空知を語る 24首長(15)歌志内市 村上 隆興市長

2017年09月13日 16時30分

歌志内市 村上 隆興市長ブドウ栽培で地域活力を創出

 人口約3400人と、日本一人口の少ない「市」である歌志内。炭鉱の閉山で疲弊したまちは、活力を取り戻すべく、さまざまなチャレンジを続けている。

 ―歌志内はどんなまちか。

 道内で27番目に誕生した市で、ピーク時の人口は4万6000人に達していた。石炭産業によって栄え、戦前戦後の経済を支えたのが歌志内だ。

 1948年には小中学生が約1万人いて、市内には映画館が5、6館あったほか、割烹(かっぽう)もあったが、まちが疲弊してからはそれらがなくなり、生活の利便性は悪くなっていった。その後は露頭掘りの需要が伸びており、歌志内にある露頭の大きさがあらためて認識されているところだ。

 ―まちの課題と対応は。

 高齢化率は48%を超え、人口減少を防ぐことが課題だ。市外からの移住・定住も必要だが、まずは「市内にいる人を大切に」ということを原点にしている。

 若い世代へは子育て支援をし、教育環境も整えている。現在整備中の認定こども園では英語教育を実施する予定。小中学生の修学旅行費も全額市で負担しているが、こうした小さなことを積み上げていきたい。

 高齢者の健康づくりも柱の一つ。お年寄りに元気に生きてほしいとの思いから、肺炎の無料診断をしたり、ワンコインで健康診断できるような仕組みも構築した。

 2016年度からスタートした総合計画では、コンパクトシティを目指すことにしており、現在、高齢者向け住宅を建設しているが、今後は需要を調査し、地域ごとに同様の住宅を造りたいと考えている。

 ―地域の元気を取り戻すために必要なことは。

 産業の創出を目指し、ブドウ栽培に乗り出した。実はかつてもブドウ栽培を試みたことがあるが、そのときはシカに食べられてしまった。今回はその反省も踏まえ、ゆくゆくはワイナリーになっていけばいいと思っている。5月にはブドウの植樹を行ったが、本当に多くの人が来てくれた。

 歌志内では、職員からの提案で進めている事業も多く、職員にやる気がある。市全体がどうあるべきかを考えたまちづくりが大切で、住んでいる人が幸せを感じられるようなまちづくりを進めていきたい。

 村上 隆興(むらかみ・たかおき)歌志内市出身、1946年10月31日生まれ。初当選は2012年で、現在2期目。2017年7月19日付掲載


空知を語る 24首長 一覧へ戻る

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • オノデラ
  • web企画
  • イイファス

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

コストコ 石狩湾新港に道内2店目を検討
2019年12月12日 (3,183)
百年記念塔の解体近づく 価値認める建築家有志が反発
2020年03月15日 (2,684)
道央圏連絡道路泉郷道路8.2kmが開通 札幌開建
2020年03月11日 (2,236)
新型コロナウイルス感染症で産業用マスクが品薄
2020年02月06日 (1,583)
通行止めの野塚峠 高堂建設がトンネル付近の雪崩を除去
2020年03月11日 (1,541)

連載・特集

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第180回は「マスク」。まだ感染して いない人の予防としては無意味です。 感染防止にはこまめな手洗いを。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。