空知を語る 24首長

空知を語る 24首長(18)秩父別町 神薮 武町長

2017年09月13日 16時33分

秩父別町 神薮 武町長新施設生かし、交流人口拡大を

 ことし4月1日に屋内遊戯施設「キッズスクエアちっくる」がオープンした秩父別町。来夏には同じ敷地内に屋外遊戯施設も開業する見通しで、交流人口拡大といった効果が期待される新たな拠点施設を生かしたまちづくりが進められている。

 ―町の特徴は何か。

 基幹産業は農業で、ブロッコリーが特産品となっている。ブロッコリーを練り込んだパスタやブロッコリーパウダーを使用したランクドシャ、アイスなどの加工食品も開発しており、道の駅で販売中だ。

 ただ、農業を含めた商業全体で後継者不足という課題を抱え、買い物をするにしても隣の深川市へ行く人が多いなど、深刻な状況だと受け止めている。

 ―屋内・屋外遊戯施設の開業効果は。

 屋内遊戯施設「キッズスクエアちっくる」は4月にオープンしたが、旭川、深川、留萌、滝川、札幌など町外からも多くの家族連れが訪れていて、7月1日には来場者が3万人に達した。

 同じ敷地内に建てる屋外遊戯施設は、本年度に工事を進め、2018年7月に供用を開始する予定。子ども向けの遊具に加え、健康遊具も併せて整備する。

 これらの周辺にはキャンプ場や秩父別温泉もある。しかし、どちらも老朽化が著しいため、キャンプ場の水はけや温泉の客室を改善するなど、一体的なリニューアルが必要だと考えている。

 遊戯施設や観光、温浴施設の近くには国道が走っていて利便性も良く、交流人口の増加、知名度向上、そして経済効果など町に与える影響は大きい。
 「キッズスクエアちっくる」の維持費にはふるさと納税を活用しているので、利用者の増加だけではなく、維持費確保に向けてもしっかりとPRしたい。

 ―今後の展望を。

 町の人口は7月末で2432人と減少傾向にある。人口を減らさないようにすることに加え、若い人の転入を増やすためにも移住・定住対策の充実を図る考えだ。産業振興では、生産性・収益性の高い農業生産法人の育成に努め、基幹産業を支えたいと思っている。こうした施策を進め、安心して暮らせる環境をつくりたい。

 神薮 武(かみやぶ・たけし)秩父別町出身、1946年5月15日生まれ。初当選は2007年で現在3期目。2017年8月4日付掲載


空知を語る 24首長 一覧へ戻る

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • 川崎建設
  • イイファス
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

コストコ 石狩湾新港に道内2店目を検討
2019年12月12日 (3,183)
百年記念塔の解体近づく 価値認める建築家有志が反発
2020年03月15日 (2,684)
道央圏連絡道路泉郷道路8.2kmが開通 札幌開建
2020年03月11日 (2,236)
新型コロナウイルス感染症で産業用マスクが品薄
2020年02月06日 (1,583)
通行止めの野塚峠 高堂建設がトンネル付近の雪崩を除去
2020年03月11日 (1,541)

連載・特集

連載 サハリン・スケッチ new

サハリン・スケッチ
稚内市サハリン事務所の三谷将所長に、四半期ごとの定期連載で現地の様子を伝えてもらいます。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第180回は「マスク」。まだ感染して いない人の予防としては無意味です。 感染防止にはこまめな手洗いを。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。