空知を語る 24首長

空知を語る 24首長(19)沼田町 金平 嘉則町長

2017年09月13日 16時35分

沼田町 金平 嘉則町長官民連携で地域活性化策推進

 農業が盛んな「緑豊かな田園の町」である沼田町。町民アンケートから導き出されたまちの将来像を実現するため、農村型コンパクトエコタウン構想に基づき官民連携の施策を展開している。

 ―町の特徴は。

 水稲と花卉(かき)栽培を主体とする農業が基幹産業で、2016年産の水稲の道内市町村別収穫量は9位。幌加内町を含めた北空知1市6町で組織する北育ち元気村花き生産組合の花の販売額は6年連続全道1位となっており、沼田町も貢献している。

 ―まちが抱える課題は何か。

 高齢化が進み、離農が増えているだけではなく、交通、医療、住宅に不安を持つ高齢者も多い。

 また、JR留萌線の存続問題もある。石狩沼田駅の1日の利用者は70人前後で、ほとんどが深川や滝川に通学する学生だ。住民の足、物流など町の発展の礎となった公共交通をどうするか、沿線自治体と協議を重ねていきたい。

 ―対応策は。

 14年度に内閣府が募集した農山漁村・過疎地域等型の地域活性化モデルケースに沼田町農村型コンパクトエコタウン構想が選定された。これは「官民連携と地域連携で実現する地方創生」をコンセプトに掲げ、500m範囲に医療、福祉、学校、買い物など生活に必要なものがそろうまちづくりを目指すもの。

 ことし4月には町、商工会、北いぶき農協が出資した新会社の商業コミュニティー施設が完成。中核施設となる地域密着多機能型総合センターは、診療棟とデイサービスセンター棟で構成し、ことし10月にオープンする。

 18年4月からは、沼田小と隣接する沼田中が教師の乗り入れ授業や、合同運動会など連携教育を行う通称・沼田学園を展開する。

 ―地域活性化推進に向けた今後の展望は。

 町内には8つの農業生産法人があり、4000haの農地を生かすため農業従事者の育成に努めている。

 このほか移住・定住促進への住宅新築・リフォーム助成、保育園料負担などの補助制度を設けた。全ての人の要求を満たすのは大変だが、町の持つポテンシャルを生かし「緑豊かな田園の町」を実現したい。

 金平 嘉則(かねひら・よしのり)沼田町出身、1954年1月1日生まれ。2011年に初当選し、現在2期目。2017年8月11日付掲載


空知を語る 24首長 一覧へ戻る

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • 川崎建設
  • 東宏
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

コストコ 石狩湾新港に道内2店目を検討
2019年12月12日 (3,183)
百年記念塔の解体近づく 価値認める建築家有志が反発
2020年03月15日 (2,684)
道央圏連絡道路泉郷道路8.2kmが開通 札幌開建
2020年03月11日 (2,236)
新型コロナウイルス感染症で産業用マスクが品薄
2020年02月06日 (1,583)
通行止めの野塚峠 高堂建設がトンネル付近の雪崩を除去
2020年03月11日 (1,541)

連載・特集

連載 サハリン・スケッチ new

サハリン・スケッチ
稚内市サハリン事務所の三谷将所長に、四半期ごとの定期連載で現地の様子を伝えてもらいます。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第180回は「マスク」。まだ感染して いない人の予防としては無意味です。 感染防止にはこまめな手洗いを。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。