空知を語る 24首長

空知を語る 24首長(22)砂川市 善岡 雅文市長

2017年09月13日 16時38分

砂川市 善岡 雅文市長結婚後も女性が働ける環境を

 中空知管内に位置し、国道12号や道央自動車道が通る砂川市。菓子店やカフェが立ち並ぶスイートロードやスマートIC設置など、地域の特色を生かしたまちづくりに取り組んでいる。

 ―町の特徴は。

 国道12号周辺には多くの菓子店などが存在しており、これを地域ブランドという形で2003年に「すながわスイートロード」とした。女性をメインに市外からも多くの人が訪れているが、中でも砂川に本店を置く北菓楼は人気で、最近は韓国など海外観光客も増えている。こうやって「砂川」という地名が多くの人に知ってもらえることは喜ばしい。

 ―どのようなまちづくりを進めるか。

 砂川は20―30代の女性の比率が空知管内で最も高く、市立病院や市内の菓子店で働いている人が多い。このため、市としては結婚しやすい環境、結婚後も働ける環境をつくることが求められる。市立病院の改築による医療の充実、保育園や学童保育所の設置による子育て支援と、既に取り組んでいるものもあるが、今後もこの年齢構成を生かしたまちづくりをしなければならない。

 新庁舎建設に向けては、市庁舎建設検討審議会を設けた。現在は基本計画の策定に入っている段階で、審議会の合間にはワークショップも開催した。市役所はみんなの施設であり、さまざまな意見を聞きながら進めたい。

 ―産業面で取り組んでいることは。

 市内には菓子店だけではなく、化粧品を販売するローレルの自社ブランドshiro砂川本店や馬具メーカー・ソメスサドルの工場もある。それぞれ東京にも出店していて、こちらも市内外の人に親しまれている。企業誘致を全くしないという訳ではないが、こうした背景もあるため、地元に拠点を置く企業を応援したいと考えている。

 ―今後の展望を。

 市立病院は改築を契機に病床数や診療科目を多くそろえ、医療機器には最新のものを導入した。また、道央自動車道のスマートIC開通により救急搬送時間も短縮され、市の魅力向上につながっている。スイートロードもどんどん盛り上がりを見せており、こうした特徴や町の大きさに合わせたまちづくりをしていきたい。

 善岡 雅文(よしおか・まさふみ)砂川市出身、1950年3月19日生まれ。初当選は2011年で現在2期目。2017年9月1日付掲載


空知を語る 24首長 一覧へ戻る

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • web企画
  • イイファス
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

コストコ 石狩湾新港に道内2店目を検討
2019年12月12日 (3,183)
百年記念塔の解体近づく 価値認める建築家有志が反発
2020年03月15日 (2,684)
道央圏連絡道路泉郷道路8.2kmが開通 札幌開建
2020年03月11日 (2,236)
新型コロナウイルス感染症で産業用マスクが品薄
2020年02月06日 (1,583)
通行止めの野塚峠 高堂建設がトンネル付近の雪崩を除去
2020年03月11日 (1,541)

連載・特集

連載 サハリン・スケッチ new

サハリン・スケッチ
稚内市サハリン事務所の三谷将所長に、四半期ごとの定期連載で現地の様子を伝えてもらいます。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第180回は「マスク」。まだ感染して いない人の予防としては無意味です。 感染防止にはこまめな手洗いを。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。