空知を語る 24首長

空知を語る 24首長(23)芦別市 荻原 貢市長

2017年09月13日 16時39分

芦別市 荻原 貢市長林業大学誘致を町ぐるみで

 市の面積の9割を森林が占める芦別市。土地環境を生かした基幹産業の一つでもある林業を絶やさないよう、近年は林業大学校の誘致にも力を入れている。

 ―芦別の特徴と課題は。

 市の面積は865平方㌔で、9割を森林が占めている。芦別産の木材をチップに加工し燃料として使用する木質バイオマスボイラを芦別温泉スターライトホテルに導入しているが、ゆくゆくは公共施設にも設置したいと思っている。また、自然が多く空気が澄んでいるせいか、星がきれいに見えることも自慢だ。

 ただ、人口減少や少子高齢化は着実に進んでいる。炭鉱があった1958年の約7万5000人が人口のピーク。90年に初めて0―14歳の年少人口の割合を高齢者が上回ったが、今では高齢者が44.8%で年少人口はわずか7%となっている。社会減についても15―24歳が進学・就職のため、札幌や滝川、旭川、富良野に出て行ってしまうのが現状だ。

 ―解決策として何を考えているか。

 地域経済を循環させるための交流人口拡大や移住・定住の促進、市外への転出抑制などさまざまな解決策がある。中でも交流人口拡大については、道の駅を中心にした観光産業やスポーツ合宿の誘致を軸に進めていく考えで、旭川空港につながる国道452号の早期全面開通も要望している。

 また、同じ国道沿いにある三段滝公園には夏や紅葉の時期になると多くの人が訪れているが、より休憩しやすい環境を国、道、市で整え、道の駅ならぬ滝の駅という施設にしても良いのではと考えている。

 ―林業大学校の誘致については。

 林業の担い手を育成し、基幹産業を守るためにも専門機関は必要。学校があることで若い世代の雇用創出や地元就職にもつながる。森林が豊富という地の利を生かし、官民一体で構成している林業学校設立・誘致期成会だけではなく町ぐるみで取り組みたい。

 ―今後の展望は。

 市民が安心して芦別に住み続けたいと思うことが重要だ。人口減少が著しいが、その人口に見合ったコンパクトなまちづくりをしなければならない。こうした課題に一つ一つ真っ正面から向き合い市民目線で施策を進めていく。

 荻原 貢(おぎはら・みつぐ)芦別市出身、1951年8月30日生まれ。初当選は2017年で現在1期目。2017年9月8日付掲載


空知を語る 24首長 一覧へ戻る

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • オノデラ
  • 古垣建設
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

美唄富良野線 東美唄トンネルが貫通
2019年03月01日 (5,443)
倶知安町が道新幹線駅周辺の整備構想案をまとめる
2019年03月19日 (3,845)
札樽道新川付近の渋滞解消で、新たな降り口など構想
2019年02月27日 (2,770)
ディノス札幌中央ビル、売却を検討 タツミプランニング
2019年03月13日 (2,287)
定山渓グランドホテル瑞苑建て替え 20年春に着工
2019年02月28日 (1,996)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第155回は「リンゴ健康法」。医者を 遠ざける、と言われるように、肥満や がん予防の効果が期待できます。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。