北海道新幹線札樽トンネルが本体初弾を公告 小樽市街地側の石倉工区12月に開札

2017年09月16日 07時00分

 鉄道・運輸機構北海道新幹線建設局は15日、小樽市内から札幌中心部までつながる札樽トンネルの本体初弾工事となる、石倉工区を一般競争公告した。札樽トンネルのうち最も小樽市街地側の工区で、路盤部を含めた施工延長は4554mとなっている。WTO対象案件で、4社構成の特定共同体が対象。施工体制確認型総合評価方式により、12月12日に開札する。

 札樽トンネルは以前、手稲トンネルとして計画されていたが、札幌市内の大部分を高架橋から地下ルートへと変更したことにより、小樽市朝里川温泉付近から札幌市中央区北6条西10丁目の石山通付近までを結ぶトンネルとなる。全長は26・2㌔で、北海道新幹線新函館北斗―札幌間では渡島トンネルに次ぐ長さ。

 今回公告となった石倉工区では、NATM工法のトンネル4504mと路盤50mを施工する。施工位置は北海道新幹線の起点となる新青森駅から見て333―338㌔の地点。工事で使用する主な資機材の概算数量は、生コンクリート6万1000m³、セメント4900㌧、ロックボルト4万9000本、鋼製支持工3900基、鉄筋220㌧。工期は93カ月間となっている。

 札樽トンネルの工事発注は、札幌市内の山岳トンネル部となる富丘工区を2017年度第4四半期(1―3月)に入札する予定。その後は、石倉工区と富丘工区の間でも数工区の発注を計画している。

 また、札幌市内地下に築造するシールドトンネル部は、測量や調査などを進めていき18年度以降の着工を目指している。


関連キーワード: さっぽろ圏 トンネル 新幹線

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

地番や用途地域がわかるe-kensinマップにはヒグマ出没情報や不審者出没情報も地図上で確認することができます。
  • 東宏
  • 川崎建設
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌駅の新幹線ホームイメージ 札幌市が公表
2019年09月21日 (4,689)
札幌・南2西3南西地区再開発 23年4月開業へ工事着手
2019年10月02日 (2,516)
上空をデッキで接続検討 北5東1街区と北5西1・2
2019年10月01日 (2,342)
地下鉄南北線さっぽろ駅にホーム増設
2019年10月12日 (1,808)
カレスサッポロ 札幌・北4西18の複合施設に着工
2019年10月07日 (1,756)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第168回は「カロリーと肥満」。同じ カロリーでも、たんぱく質を多く含む 食べ物は肥満になりにくいです。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。