景気6カ月連続回復 9月金融経済概況で日銀札幌

2017年09月25日 10時52分

日銀札幌支店は22日、9月の金融経済概況を発表し、道内景気の全体感を6カ月連続で「回復している」とした。台風被害の復旧工事をはじめとする公共投資が増加していることに加え、海外経済の回復を背景に鉄鋼を中心に輸出が緩やかに持ち直している。

 10項目中、輸出のみ判断を上方修正した。食料品が弱含んでいるものの、アジア向けに化学製品や鉄鋼といった一部品目で強い動きが出ていることが要因。一方、生産では、電気機械の一部で生産体制の見直しや、輸送機械で弱めの動きが見られるとし、判断を「横ばい圏内の動きとなっている」に下方修正した。ほかの8項目については判断を据え置いている。

 記者会見で小高咲支店長は、公共投資や輸出の増加が企業収益の改善につながり、設備投資や賃上げをもたらす好循環になっていると総括。ただ、公共投資の割合が大きい災害復旧が一段落した際、民間需要が持続的に改善するかが、景気の回復基調を維持するポイントの一つになると指摘した。


関連キーワード: 景気動向

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • web企画
  • 北海道水替事業協同組合
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

藻岩高敷地に新設校 27年春開校へ
2022年02月21日 (1,680)
おとなの養生訓 第245回 「乳糖不耐症」 原因を...
2023年01月11日 (1,502)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (1,469)
おとなの養生訓 第126回「なぜ吐くのか」 空腹時...
2017年12月22日 (1,269)
石狩市が23年度に都市型ロープウェー導入調査へ
2023年04月10日 (1,098)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第258回「体温上昇と発熱」。病気による発熱と熱中症のうつ熱の見分けは困難。医師の判断を仰ぎましょう。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第34回「1日2470個のご飯粒」。食品ロスについて考えてみましょう。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第32回「読解力と認知特性」。特性に合った方法で伝えれば、コミュニケーション環境が飛躍的に向上するかもしれません。