札幌市中央区北4東6周辺再開発で21階建ツインタワー

2017年09月29日 07時00分
大和ハウス工業など北4東6MSの完成模型

2棟から成るマンションの完成模型。写真手前は中央体育館に接続する空中歩廊

 大和ハウス工業・住友不動産・大京共同体は28日、分譲マンション「ザ・タワーズフロンティア札幌」の概要を発表した。札幌市中央区の北4東6周辺地区市街地再開発の一環として開発を進めているもの。21階建てのツインタワーで、道路を挟んで向かい合うサッポロファクトリーや2018年度完成予定の中央体育館と空中歩廊で接続するのが特徴だ。

 この再開発は、北海道ガス札幌工場跡地を含む一帯で展開。北西街区では札幌市の中央体育館移転改築など、南街区は共同住宅と商業施設、北東街区は医療・福祉施設、スポーツジムなどを新築する計画で、20年度の全体完成を予定。施工はフジタ・岩田地崎建設・田中組共同体、設計はフジタ・北海道日建設計共同体が担っている。

 中央区北3条東5丁目で施工が進むザ・タワーズフロンティア札幌は、RC一部S造、地下1地上21階、延べ3万1089m²の規模の高層ツインタワーマンション。住戸は2LDK―4LDKの全40タイプ、275戸で構成し、販売価格は2000万円台から1億円台に設定。最上階に設ける面積116m²の部屋が最大となる。管理事務室1戸、ゲストルーム2戸、集会室1戸と店舗1区画も設ける。19年7月下旬の完成、同10月下旬の入居開始を見込む。

 大和ハウス工業、住友不動産、大京が3社共同でマンションを開発するのは全国でも初の事例。3社が札幌市内で供給する20階建て以上のマンションは総計15棟2825戸に上り、市内シェアの7割を占めている。

 想定する顧客層について、大和ハウス工業の菅原貴志札幌マンション営業所長は「1億円台の物件は資産家が想定されるが、2LDK―4LDKと幅広いタイプを設けるので、夫婦や家族連れにも対応できる。近年の市場では単身者や核家族の需要も増えており、年齢や人数に限らずオールターゲットを目指したい」と話していた。

 プロジェクションマッピングやプロモーション映像、模型、間取り図の詳細を見られるマンションギャラリー(北1条東3丁目)は30日に開設。11月上旬のモデルルーム公開、同下旬からの販売開始を予定している。


関連キーワード: マンション

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • イイファス
  • 日本仮設
  • 北海道水替事業協同組合

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌駅前通でビル建て替え ヒューリックが計画
2017年11月24日 (2,684)
ルスツに高級コンドミニアム 220億円投じ来春着工
2017年11月22日 (1,797)
「岩田地崎が首位」ゼネコン上半期・道内受注ランキング
2017年11月03日 (1,684)
札幌市が駅前北5西1、2街区の基本計画策定へ
2017年12月07日 (1,348)
180室ホテルなど 新千歳空港国際線ターミナル増築詳細
2017年11月17日 (1,252)

連載・特集

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第125回は「前菜」。宴会シーズン、前菜をうまく利用して、乗り切るというのはいかがでしょうか。

連載 北海道・モンゴル経済交流

北海道・モンゴル経済交流
モンゴル国内の経済活動や、北海道 企業の活躍、両者のマッチングなど の交流について報告します。

特集 NETIS特集2017

NETIS特集2017
公共工事の品質向上やコスト削減に つながる、先進的な新技術について 紹介します。