函館市が都市景観賞に2件の建築を選定

2017年09月30日 10時00分

 函館市は、第22回函館市都市景観賞に個人住宅「日和坂の家」と水産加工工場「マルナマ古清商店」を選定した。歴史的な建築様式の継承や、デザイン・色彩の工夫により、優れた都市景観の創出に貢献していることを評価したもの。10月2日午後2時から、市役所で表彰式を開く。

 魅力あふれる都市景観づくりを目的に、1995年度から表彰している。今回は延べ68件の応募があり、基準を満たす50件を対象に選考委員会(委員長・岡本誠公立はこだて未来大教授)が6、7月に審査した。

 

函館市都市景観賞に選ばれた個人住宅日和坂の家

日和坂の家 (設計=富樫雅行建築設計、施工=山建中川組)

 日和坂の家(元町13の15)は、伝統的建造物の特性を踏襲して2016年に修景。古くからそこに存在していたかのように地区になじんでいる。別名トビ坂にちなみ持ち送りにトビをデザインし、外壁2階は坂沿いに咲くアジサイの色に仕上げ、物語のある建物と評された。

 

 

函館市都市景観賞に選ばれた水産加工工場マルナマ古清商店

マルナマ古清商店 (設計=二本柳慶一建築研究所、施工=森川組)

 14年完成のマルナマ古清商店(日乃出町15の1)は、シルバーに輝く外壁が清潔感や衛生的な印象を与え、イラストと英文によるスタイリッシュなロゴが際立つ。向かいには過去に受賞したマルナマ食品工場もあり、一体的な景観を創出している。

 

 

 受賞数は今回を含め建築物などが45件、活動団体・個人が5件となった。


関連キーワード: 建築 景観 道南

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

経審データ販売
  • 北海道水替事業協同組合
  • 川崎建設
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌都心アクセス道路 全線トンネル案が再浮上
2019年10月29日 (3,958)
きのとや、札幌・清田に新店舗 完成は11月中旬
2019年06月08日 (3,661)
旭川紋別自動車道の遠軽瀬戸瀬―遠軽間 12月21日開通
2019年10月28日 (2,065)
仁木IC開通に向けて仁木町が観光拠点づくりを検討
2019年10月23日 (1,684)
札幌市のアクションプラン 事業費は4年間で1兆円
2019年10月23日 (1,463)

連載・特集

特集 NETIS特集2019new

NETIS特集2019
「土木の日」を契機に最先端の土木 技術であるNETISに焦点を当て、 各社の登録技術を紹介します。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 釧根で輝く女性たち

釧根で輝く女性たち
釧根管内で活躍する女性技術者に、 この道に入ったきっかけや、会社へ の要望などを聞いた。