衛星フリーデータなど活用で風倒被害も把握 道が研究会

2017年10月03日 07時00分

 人工衛星に専用の測定器を載せて地球を観測する衛星リモートセンシング技術が急速に普及している。広域性を特長とする衛星データの利用に適した本道ではさまざまな分野で取り組みが行われ、中でも林業分野では、風倒被害の状況把握への利用が進む。衛星データを画像処理し、地形図に当てはめて作製した被害推定図で、被害の迅速な把握につなげている。

 道経済部がこのほど札幌市内で開いた第1回北海道衛星データ利用研究会で、道立総合研究機構林業試験場森林環境部の阿部友幸主査がリモートセンシングによる風倒被害の把握などについて話題提供した。

 台風や低気圧、火山噴火などによって道内で発生する風倒害。復旧には迅速な被害把握が必要になるが、広大さや倒木によって立ち入り困難な場所が多いため、現地調査には多大な労力がかかる。しかし、リモートセンシングを活用することで、労力軽減と即時対応が可能になる。

 特に被害推定地域の全貌把握図があることで、被害重大箇所の調査が実施できる。解析精度の粗いフリーデータでも実際の被害地との誤差は少なく、阿部主査は「初期情報としては十分過ぎる情報に値する」と話した。

 広大な森林を持つ下川町は2006年の低気圧で被害を受けたが、衛星画像を利用することで災害収束から1カ月以内の被害報告に間に合わせた。

 15年の台風23号では、道有林後志管理区の羊蹄山麓で被害が発生。米国の衛星「Landsat8」によるフリーデータを活用し、被害発生から11日以内と短期間での被害推定図の提供につなげた。阿部主査は「フリーデータを事業に活用できることで、リモートセンシングの活用可能性が広がった」と期待を寄せている。

 課題も指摘した。Landsat8の撮影間隔は16日周期で、タイミングよく衛星データを入手できれば速報性が高いが、画像入手の不確実性が高い。16年の低気圧で被害を受けた広尾町の事例では、同じくLandsat8を利用したが、曇天などが影響し、撮影タイミングは40日後と大きく遅れた。

 無料のLandsat8のほか、100㌔m²当たり約2万円と安価な衛星「SPOT6/7」もあるが撮影は不定期だ。阿部主査は「こういったものに頼っているうちは、幸運に依存することになる」と指摘。補うための有料撮影を注文することも可能だが、500㌔m²当たり約17万円と高価だ。現在、公的に購入する仕組みはなく、「誰が払うかも課題の一つ」と話した。


関連キーワード: 新技術

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • イイファス
  • 東宏
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

釧路に新名所「釧之助本店」がオープン 水族館や食堂も
2018年07月06日 (13,632)
複合市街地形成へ 新さっぽろ駅周辺地区計画概要明らかに
2018年06月28日 (2,362)
加森観光がルスツで設備投資拡大 大型商業施設建設も視野
2018年06月26日 (2,080)
千秋庵ビル跡地にホテル、店舗など複合施設を計画
2018年07月11日 (1,700)
旧KKRホテル解体は8月着工 竹中工務店に依頼
2018年07月08日 (1,660)

連載・特集

連載 道総研 研究・活動報告2018new

明日を支える
昨年に引き続き、北海道立総合研究機構建築研究本部の取り組みや課題を紹介します。

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第139回は「汗は臭くない」。暑い季節、気になるにおいの原因をあなたはご存じでしたか?