関係者が工事の無事祈念 旭川空港国際線ビル増改築で起工式

2017年10月04日 07時00分

旭川空港ターミナルビル起工式 旭川空港ビル(東神楽町東2線16の98、西川将人社長)は3日、旭川空港ビル旅客ターミナルビル国際線増改築の起工式を現地で行った。西川社長や施工関係者ら約100人が出席。2018年10月末の完成、19年9月のグランドオープンを目指し、工事が無事故無災害で円滑に進むよう祈念した。

 国際線関連施設の受け入れ能力は限界に達し、国際線のさらなる誘致ができないため、S造、地下1地上2階、延べ6773m²の国際線専用ビルを現ターミナルビル南側に増築。税関・出入国審査・検疫スペース、国際線搭乗待合室を集約する。

 現ターミナルビルは2階の空きスペースを中心に内部改修し、旭川グルメを取り扱ったフードコートなど商業施設にリニューアルする。

 工事は国際線専用ビル増築を新谷建設・荒井建設・広野組共同体、現ターミナルビル改修を盛永組・橋本川島コーポレーション共同体が施工。実施設計は日建設計・中原建築設計・柴滝建築設計共同体、増築部分も含めた商業施設設計はえんれいしゃ、商業施設の設備設計は北海道日建設計がそれぞれ担当した。総事業費は約49億円。

 式では日建設計の平石譲常務がカマ、西川社長がクワ、施工業者を代表し新谷龍一郎新谷建設社長がスキを入れた後、関係者らは玉串をささげた。

 式終了後、西川社長は「旭川空港が北北海道の拠点空港となるようしっかり役割を果たし、多くの人たちに親しまれる空港ビルにしていきたい」と話し、新谷社長は「無事故無災害で工事を終え、無事に引き渡したい」と抱負を述べた。


関連キーワード: 建築 空港

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • 日本仮設
  • 北海道水替事業協同組合
  • 川崎建設

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌駅前通でビル建て替え ヒューリックが計画
2017年11月24日 (2,684)
ルスツに高級コンドミニアム 220億円投じ来春着工
2017年11月22日 (1,797)
「岩田地崎が首位」ゼネコン上半期・道内受注ランキング
2017年11月03日 (1,684)
札幌市が駅前北5西1、2街区の基本計画策定へ
2017年12月07日 (1,348)
180室ホテルなど 新千歳空港国際線ターミナル増築詳細
2017年11月17日 (1,252)

連載・特集

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第125回は「前菜」。宴会シーズン、前菜をうまく利用して、乗り切るというのはいかがでしょうか。

連載 北海道・モンゴル経済交流

北海道・モンゴル経済交流
モンゴル国内の経済活動や、北海道 企業の活躍、両者のマッチングなど の交流について報告します。

特集 NETIS特集2017

NETIS特集2017
公共工事の品質向上やコスト削減に つながる、先進的な新技術について 紹介します。