関係者が工事の無事祈念 旭川空港国際線ビル増改築で起工式

2017年10月04日 07時00分

旭川空港ターミナルビル起工式 旭川空港ビル(東神楽町東2線16の98、西川将人社長)は3日、旭川空港ビル旅客ターミナルビル国際線増改築の起工式を現地で行った。西川社長や施工関係者ら約100人が出席。2018年10月末の完成、19年9月のグランドオープンを目指し、工事が無事故無災害で円滑に進むよう祈念した。

 国際線関連施設の受け入れ能力は限界に達し、国際線のさらなる誘致ができないため、S造、地下1地上2階、延べ6773m²の国際線専用ビルを現ターミナルビル南側に増築。税関・出入国審査・検疫スペース、国際線搭乗待合室を集約する。

 現ターミナルビルは2階の空きスペースを中心に内部改修し、旭川グルメを取り扱ったフードコートなど商業施設にリニューアルする。

 工事は国際線専用ビル増築を新谷建設・荒井建設・広野組共同体、現ターミナルビル改修を盛永組・橋本川島コーポレーション共同体が施工。実施設計は日建設計・中原建築設計・柴滝建築設計共同体、増築部分も含めた商業施設設計はえんれいしゃ、商業施設の設備設計は北海道日建設計がそれぞれ担当した。総事業費は約49億円。

 式では日建設計の平石譲常務がカマ、西川社長がクワ、施工業者を代表し新谷龍一郎新谷建設社長がスキを入れた後、関係者らは玉串をささげた。

 式終了後、西川社長は「旭川空港が北北海道の拠点空港となるようしっかり役割を果たし、多くの人たちに親しまれる空港ビルにしていきたい」と話し、新谷社長は「無事故無災害で工事を終え、無事に引き渡したい」と抱負を述べた。


関連キーワード: 建築 空港

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 北海道水替事業協同組合
  • 古垣建設
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (4.1k)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2.3k)
定山渓グランドホテル瑞苑建て替え 20年春に着工...
2019年02月28日 (1.2k)
大成が542億円で首位 20年度ゼネコン道内受注高...
2021年05月11日 (1.1k)
北広島市と日本エスコン 駅西口周辺エリア活性化整備...
2021年04月27日 (1.1k)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第207回は「変異株」。第4派の原因となったイギリス株。感染力が強いため、対策の徹底や再点検が必要です。

連載 本間純子
いつもの暮らし便
new

本間純子 いつもの暮らし便
第8回「ワンルームマンションで暮らすこと」プラス2畳分の収納があると、生活がしやすくなります。

連載 都心再生

札幌駅前、大通り、ススキノ・中島公園の市内都心部各エリアの再開発動向を追った。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第7回「一時支援金の事前確認」珍しい業種、取引のなかった顧客との新たな出会いの契機になりました。