札幌から越山ビルと路面電車停留場 グッドデザイン賞

2017年10月05日 07時00分

 日本デザイン振興会が4日発表した2017年度グッドデザイン賞に、札幌市内から「sitatte sapporo 札幌フコク生命越山ビル」と札幌市路面電車停留場(狸小路停留場、西4丁目停留場〈内回り〉)の2件が選ばれた。

ステップガーデン

札幌フコク生命越山ビルの「ステップガーデン」

 ことし3月、札幌市中央区北2条西3丁目1にオープンした札幌フコク生命越山ビルは、地下1地上13階、延べ1万8844m²の規模で、構造は地上がS造、地下はS一部SRC造。

 通りのにぎわいを建物の中に引き込み、札幌駅前地下歩行空間「チカホ」と地上をつなぐ街路「ステップガーデン」を建物内に展開。建物中央に地下から地上2階まで階段状につながる街路は、移動だけでなく、人の居場所になり、展示・イベントの会場にもなる。

 審査委員は、地上とは切り離され、窓がないために閉そく的な空間となりがちな地下空間を、巨大な階段状の斜めの空間とすることで地下奥にまで光を届け、明るい地下空間を実現している点や、大階段が立体的なステージのように機能し、都市における新しい居場所を生み出している点などを評価した。

 受賞対象者は富国生命保険、越山ビルディングズ、清水建設1級建築士事務所の3者。

狸小路停留場

狸小路停留場

 札幌市路面電車停留場は、昨年12月開業した同市電のループ化に合わせ、都心部に設置された。

 コンセプトは「創造都市札幌の先進性、透明感のある気候風土、やさしさといった札幌らしさを的確に表現するデザインを実現」。延長27m、幅約2・3mの大きさで、6㍉の鋼板SS400で構成されるサンドイッチパネル構造。壁・屋根ともにパネル厚は250―300㍉。内部のスチフナは短手方向にのみ500㍉ピッチで配置されている。

 審査委員は「都市環境を向上させるため、LRTなどの路面電車の価値が復活して久しい。電停は、日本中にいくつあるのだろうか。シンプルかつ美しい、こんな電停が増えていけば、わが国の都市景観も格段と良くなっていくだろう」とのコメントを寄せた。

 受賞対象者は市、設計を担当したオリエンタルコンサルタンツ、デザイナーのネイ&パートナーズジャパンの3者。


関連キーワード: 建築

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • 日本仮設
  • 川崎建設
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

釧路に新名所「釧之助本店」がオープン 水族館や食堂も
2018年07月06日 (13,629)
複合市街地形成へ 新さっぽろ駅周辺地区計画概要明らかに
2018年06月28日 (2,361)
加森観光がルスツで設備投資拡大 大型商業施設建設も視野
2018年06月26日 (2,080)
千秋庵ビル跡地にホテル、店舗など複合施設を計画
2018年07月11日 (1,699)
旧KKRホテル解体は8月着工 竹中工務店に依頼
2018年07月08日 (1,659)

連載・特集

連載 道総研 研究・活動報告2018new

明日を支える
昨年に引き続き、北海道立総合研究機構建築研究本部の取り組みや課題を紹介します。

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第139回は「汗は臭くない」。暑い季節、気になるにおいの原因をあなたはご存じでしたか?