ボールパークで新会社 日ハムが設立検討

2017年10月05日 11時00分

 ボールパーク(以下、BP)を構想するプロ野球・北海道日本ハムファイターズが、BPを建設・運営するための新会社設立を検討している。事業を進めるに当たっては、開発などに携わるさまざまな事業パートナーを広く募るほか、出資も受け入れるもよう。新球場建設の一定の方向性を示す2018年3月までに、新会社設立の方針も並行して固めていく考え。

 構想するBPの候補地が札幌、北広島市内の計3カ所で調査が進む中、新球場のイメージ図を6月29日に公表。3万人程度の収容を見込む開閉式のスタジアムを核に、球場周辺に大型スクリーンが各所に配置されたショッピングモールや宿泊施設、キャンプ場など野球以外のエンターテインメントを演出している。

 球団によると、イメージ図付きBP構想の発表後、さまざまな企業から問い合わせや出資の申し出が来ているという。業種の明言は避けたが、道外大手の建設業者が接触する動きもみられる。

 新球場を核としたまちづくりを目指すため、新会社を設立し、設計段階から異業種の企業と連携を図るとともに、出資の受け入れも検討していく。


関連キーワード: さっぽろ圏 スポーツ

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • オノデラ
  • 日本仮設
  • イイファス

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌駅前通でビル建て替え ヒューリックが計画
2017年11月24日 (2,684)
ルスツに高級コンドミニアム 220億円投じ来春着工
2017年11月22日 (1,797)
「岩田地崎が首位」ゼネコン上半期・道内受注ランキング
2017年11月03日 (1,684)
札幌市が駅前北5西1、2街区の基本計画策定へ
2017年12月07日 (1,348)
180室ホテルなど 新千歳空港国際線ターミナル増築詳細
2017年11月17日 (1,252)

連載・特集

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第125回は「前菜」。宴会シーズン、前菜をうまく利用して、乗り切るというのはいかがでしょうか。

連載 北海道・モンゴル経済交流

北海道・モンゴル経済交流
モンゴル国内の経済活動や、北海道 企業の活躍、両者のマッチングなど の交流について報告します。

特集 NETIS特集2017

NETIS特集2017
公共工事の品質向上やコスト削減に つながる、先進的な新技術について 紹介します。