未来の選択肢に オホーツク二建会が北見工高で授業

2017年10月11日 06時59分
オホーツク二建会北見工高で講話授業

自分のやりたい仕事を早くから意識するようアドバイスした

 オホーツク二建会(鴨下辰哉会長)は6日、北見工高で建設科1年生36人に対して建設基礎講話授業を開いた。生徒に建設業の分業制や待遇などを教え、自身の適切な職種を進路として考えるよう促した。

 同校建設科は2年生に進級する際、建築と土木のどちらかをコース選択することから、進路選択の参考にしてもらうために毎年実施。これまで2時限枠だったが、同校から好評だったため3時限に拡張した。

 はじめに渡辺忍事業委員長が、「ダムから蛇口までをつないで水を飲めるようにするのも建設業。災害対応や除雪など町を守るのも大切な役割」と説明。

 また、型枠工や鉄筋工といった職人から施工監理者までそれぞれ仕事が異なることを説明し、「何のプロになりたいのかを今から考えておけば、やりたい仕事に近づくことができる」とアドバイスした。

 2時限目には窪田憲俊副会長が業界の給与や休暇について話し、労務単価の上昇や週休2日制の取り組みなど長く働ける環境が整いつつあることをアピール。3時限目にはマシュマロとパスタを使ってタワーを作るマシュマロチャレンジで、チームワークと発想を磨いた。

 飯田耕一郎校長は「建設業界には多くの卒業生を受け入れてもらっている。意識を高める機会をもらえてありがたい」と話していた。


関連キーワード: フレッシュ

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • 東宏
  • 北海道水替事業協同組合
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

釧路に新名所「釧之助本店」がオープン 水族館や食堂も
2018年07月06日 (13,631)
複合市街地形成へ 新さっぽろ駅周辺地区計画概要明らかに
2018年06月28日 (2,362)
加森観光がルスツで設備投資拡大 大型商業施設建設も視野
2018年06月26日 (2,080)
千秋庵ビル跡地にホテル、店舗など複合施設を計画
2018年07月11日 (1,700)
旧KKRホテル解体は8月着工 竹中工務店に依頼
2018年07月08日 (1,660)

連載・特集

連載 道総研 研究・活動報告2018new

明日を支える
昨年に引き続き、北海道立総合研究機構建築研究本部の取り組みや課題を紹介します。

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第139回は「汗は臭くない」。暑い季節、気になるにおいの原因をあなたはご存じでしたか?