28万m³の掘削土を提供し農地復旧支援 帯広開建

2017年10月11日 19時00分

 帯広開建は、河川工事を活用した農地の災害復旧支援について、2017年度上半期(4―9月)の河道掘削土の提供を完了した。6月9日から10月4日までに帯広市、芽室町、清水町の農地に27万6000m³を提供した。下半期も10月以降に着工する河川工事を対象に、引き続き3市町で被災した農地を支援する方針だ。

 昨年8月の台風による洪水で十勝川流域の農地は表土流出などの被害が発生。迅速な復旧を図るために帯広開建や十勝総合局からなる十勝地方連絡調整会議で河川掘削土の活用が協議され、16年度は帯広市、芽室町、清水町に17万m³の土砂が無償で提供された。十勝総合局南部耕地出張所による地元農家への聞き取りによると「昨年の状態から作付けに間に合うと思っていなかったので作付けができて安心している」などの声が寄せられたという。

 上半期は、目標としていた25万m³を超える27万6000m³の提供が実現。幕別町新川や豊頃町統内の河川工事で発生した掘削土をそれぞれ帯広市に7万7000m³、芽室町に10万m³、清水町に9万9000m³運搬した。担当したダンプトラックは日平均で600台程度にもなった。


関連キーワード: 災害 開発局

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • 川崎建設
  • 日本仮設
  • イイファス

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌駅前通でビル建て替え ヒューリックが計画
2017年11月24日 (2,684)
ルスツに高級コンドミニアム 220億円投じ来春着工
2017年11月22日 (1,797)
「岩田地崎が首位」ゼネコン上半期・道内受注ランキング
2017年11月03日 (1,684)
札幌市が駅前北5西1、2街区の基本計画策定へ
2017年12月07日 (1,348)
180室ホテルなど 新千歳空港国際線ターミナル増築詳細
2017年11月17日 (1,252)

連載・特集

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第125回は「前菜」。宴会シーズン、前菜をうまく利用して、乗り切るというのはいかがでしょうか。

連載 北海道・モンゴル経済交流

北海道・モンゴル経済交流
モンゴル国内の経済活動や、北海道 企業の活躍、両者のマッチングなど の交流について報告します。

特集 NETIS特集2017

NETIS特集2017
公共工事の品質向上やコスト削減に つながる、先進的な新技術について 紹介します。