桂沢ダム60周年で講演会 かさ上げ工事も進行中

2017年10月12日 19時06分
桂沢ダム60周年講演会

多くの関係者が詰め掛け、建設時の様子などを振り返った

 札幌開建は11日、三笠市民会館で桂沢ダム完成60周年記念特別講演会を開いた。工事関係者や建設業者など約300人が参加し、桂沢ダムが果たしてきた役割や今後の可能性などについて考えた。

 桂沢ダムは、流域の洪水被害軽減や、戦後の食糧増産と道内の電力不足解消などのため、国直轄の多目的ダムの第1号として、1951年に着工、57年に完成した。ことし完成から60周年を迎え、現在は既存堤体高を11・9mかさ上げし、総貯水量を1億4730万m³と大きく増加させる再開発工事を実施しており、「新桂沢ダム」として生まれ変わる。

 主催者を代表し、札幌開建の宮島滋近部長は「建設工事や管理に関わった人たちのおかげでダムは機能し、60周年を迎えることができた。激甚化、局地化している大雨にも対応できるようなダムにしたい」とあいさつした。

 特別講演では、道立総合研究機構の丹保憲仁理事長が「桂沢ダム60周年」と題し、工事の歴史や建設に携わった技術者などを紹介。「日本のエネルギーが自然エネルギーに転換された場合はダムのかさ上げによる対応が増える」など、ダムが持つ役割を強調した上で、「桂沢は道内のダムの先達になるようなダムだ。しかし川だけで地域ができることはなく、鉄道や道路、集落などがあって初めて地域ができる」と締めくくった。

 前三笠市長の小林和男氏は「三笠市と桂沢ダム」をテーマに講演。ダム湖になったかつての町の様子や市民の暮らしぶり、建設当時の動画などを紹介し、「ダムの完成は三笠の市政への移行時期と重なり、二重の喜びだった」と振り返っていた。


関連キーワード: ダム

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • 川崎建設
  • オノデラ
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

釧路に新名所「釧之助本店」がオープン 水族館や食堂も
2018年07月06日 (13,636)
複合市街地形成へ 新さっぽろ駅周辺地区計画概要明らかに
2018年06月28日 (2,363)
加森観光がルスツで設備投資拡大 大型商業施設建設も視野
2018年06月26日 (2,080)
千秋庵ビル跡地にホテル、店舗など複合施設を計画
2018年07月11日 (1,700)
旧KKRホテル解体は8月着工 竹中工務店に依頼
2018年07月08日 (1,660)

連載・特集

連載 道総研 研究・活動報告2018new

明日を支える
昨年に引き続き、北海道立総合研究機構建築研究本部の取り組みや課題を紹介します。

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第139回は「汗は臭くない」。暑い季節、気になるにおいの原因をあなたはご存じでしたか?