函館市が市民会館改修で主体など5件を来週公告

2017年10月12日 19時08分

 函館市は、市民会館耐震改修その他のうち、2工区に分ける主体を含む議会案件となる工事5件を来週にも一般競争公告する。入札は11月上旬で、12月議会に契約承認を諮る。施設は11月から休館とし、別途発注のアスベスト除去を先行。2019年12月までに耐震化などを図り、20年4月のリニューアルオープンを目指す。総工費には約34億円を見込んでいる。

 湯川町1丁目32の1に位置する市民会館は、1970年に完成。規模はRC一部S一部SRC造、地下1地上3階、延べ7277m²で、ホール棟と管理棟(中央棟含む)で構成する。耐震化に併せて設備更新や機能性向上も図ることとし、北匠建築設計で設計を進めた。

函館市民会館改修後のイメージパース

改修後の市民会館イメージ

 主にホール棟では、外周面にRC造の骨組みを設置し、屋根面の補強や外壁面のスリット化を実施。中央棟は柱や壁の増設と鉄骨補強部材で強度を確保し、1階ピロティ部分は屋内化し、待合スペースとして活用する。管理棟のコンクリート壁増設も予定している。

 機能性向上に関してはロビーと楽屋間の通路設置、扉の軽量・二重化、大ホール搬入口駐車場拡張、床材改修、エレベーター、多目的トイレ、授乳室、渡り廊下の設置、各室の遮音性改善などを施し、客席は中央通路がなくなるよう配置を見直す。

 本体工は舞台装置更新を含むホール棟の主体1工区、中央棟・管理棟の同2工区、舞台照明を含む電灯その他、音響を含む受変電その他、空調、衛生、ガス(随意契約)に分けて発注。衛生、ガスを除く5件が議会案件となる。

 1工区は約12億円でA2社とB3社の5社共同体、約7億円の2工区はA、B2社ずつの4社共同体を想定。設備関連は電灯その他が約5億円、空調が約4億円、受変電その他が約3億円で、いずれもA2社とB3社の5社共同体で考えている。

 約1億円の衛生は11月下旬に公告し、12月中旬に入札する見通し。A、B2社ずつの4社共同体を対象とする方針だ。先行するアスベスト除去は11月上旬に公告、同下旬に入札し、12月から作業に入る。
 本体工は18年3月をめどに杭工事をスタートさせ、5月からコンクリート工事、8月から鉄骨補強などを計画している。


関連キーワード: 庁舎 建築 耐震

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • イイファス
  • オノデラ
  • 古垣建設

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌駅前通でビル建て替え ヒューリックが計画
2017年11月24日 (2,684)
ルスツに高級コンドミニアム 220億円投じ来春着工
2017年11月22日 (1,797)
「岩田地崎が首位」ゼネコン上半期・道内受注ランキング
2017年11月03日 (1,684)
札幌市が駅前北5西1、2街区の基本計画策定へ
2017年12月07日 (1,348)
180室ホテルなど 新千歳空港国際線ターミナル増築詳細
2017年11月17日 (1,252)

連載・特集

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第125回は「前菜」。宴会シーズン、前菜をうまく利用して、乗り切るというのはいかがでしょうか。

連載 北海道・モンゴル経済交流

北海道・モンゴル経済交流
モンゴル国内の経済活動や、北海道 企業の活躍、両者のマッチングなど の交流について報告します。

特集 NETIS特集2017

NETIS特集2017
公共工事の品質向上やコスト削減に つながる、先進的な新技術について 紹介します。