第3回 現場に出て計画立案 ドーコン 山田 紗衣さん

2016年01月21日 11時01分

ドーコン 山田 紗衣さん

 1992年3月生まれの山田紗衣さんは、ドーコン(本社・札幌)で農業基盤整備の事業効果の算定や営農計画の策定などの業務を担当している。

 東京都出身で帯広畜大畜産科学課程を卒業後、同社に入社。所属する農業部は人が少ないため任される仕事が多く、勉強しながら仕事に励む日々だ。これまでに計算で失敗したこともあるが、「周りの先輩たちが優しく、器の大きさにびっくりした」と話す。

 年女の2016年は入社3年目になる。「これまで受け身で仕事をしていたけど、ことしは自分から踏み出してやっていきたい」と意気込む。

 それ以上に大きな〝野望〟もある。現場に出ることだ。現在の業務は内勤で「1年のうち200日は会社にいると思う」と話すが、現場に出て、現場に近いコンサルになることが将来の夢だ。「営農計画を立てる仕事をしているが、地域ごと、農家ごとに状況が違う。見ないと気付かないこともあるので、状況を知った上で計画を立てたい」と目を輝かせる。

 そして、仕事以外での目標は「オン・オフ」を切り替えて楽しむこと。そんな山田さんのオフの過ごし方は、「何か新しいことを」と思い、大学に入ってから始めたアイスホッケーだ。しかし、シーズンは冬のため、「夏は寝て過ごしていますね」と笑う。

(2016年1月21日掲載)


関連キーワード: 2016年にかける

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 北海道水替事業協同組合
  • 日本仮設
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

JR札幌駅前の再開発ビル 延べ42万m²の規模で構想 
2020年07月31日 (4,890)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,157)
日高自動車道静内―三石間 最短ルートで最大1140億円
2020年07月17日 (2,036)
リゾート化進む倶知安町山田 上水道整備が難航
2020年07月27日 (1,051)
「解体は拙速」 北海道百年記念塔の内部視察報告会
2020年07月29日 (1,041)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 会社探訪記new

会社探訪記
地域に根差した企業を不定期で紹介します。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第188回は「感染対策」。形だけにならないよう、消毒液はたっぷり使い、マスクは鼻までしっかりしましょう。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。