第4回 ダム造り、誇り持って 丸博野沢組 浜中 紗野加さん

2016年01月22日 11時02分

丸博野沢組 浜中 紗野加さん

 丸博野沢組(本社・厚真)の浜中紗野加さん。1992年1月生まれで、今月24歳を迎えた。室蘭建管発注の厚幌ダム本体工事に2014年10月の着工から携わり、プレキャストの継ぎ目にモルタルを塗って通廊内部を仕上げるなど細かな作業を行ってきた。

 中でも印象に残るのは、岩盤の上にある小石を3カ月間にわたり10人ほどで分担して取り除いたこと。「地道だけどすごく大事な作業。気を使うので心が折れそうだった」と苦笑いを浮かべる。

 だが「自分がダムを造る工事に関わっていることがすごい」と誇りを持つ。現在は冬期間のため工事は中断しているが「再開後も現場に残り、(18年3月の)完成を見届けたい」と意気込む。

 以前は飼料工場で勤務。飲食店で働いたこともあったが、外で服を汚しながら働く楽しさが格別だった。そこで建設会社への転職を決意。入社後2週間でダム現場に入った。最初は戸惑いもあったというが、今では現場の元気印。周りには和気あいあいとした雰囲気が漂う。

 年女となることしは、より多くの作業に関われるよう各種資格や免許の取得が目標。だが「まずはオートマ限定解除から」と笑う。そして「安全に配慮しながら仕事をしたい」と気を引き締める。

 休日は、好きな買い物などで忙しく「夕方にはくたくた」。飼い猫と遊ぶのが癒やしの時間だ。

(2016年1月22日掲載)


関連キーワード: 2016年にかける

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 古垣建設
  • 東宏
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

JR札幌駅前の再開発ビル 延べ42万m²の規模で構想 
2020年07月31日 (4,890)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,157)
日高自動車道静内―三石間 最短ルートで最大1140億円
2020年07月17日 (2,036)
リゾート化進む倶知安町山田 上水道整備が難航
2020年07月27日 (1,051)
「解体は拙速」 北海道百年記念塔の内部視察報告会
2020年07月29日 (1,041)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 会社探訪記new

会社探訪記
地域に根差した企業を不定期で紹介します。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第188回は「感染対策」。形だけにならないよう、消毒液はたっぷり使い、マスクは鼻までしっかりしましょう。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。