シルクロードビジネスセミナー (2)伊藤組土建/商機拡大と国際貢献両輪で

2016年02月18日 11時54分

伊藤組土建 山下次長

 太陽光発電の建設やメガソーラー架台の開発で先駆的な存在の伊藤組土建(本社・札幌)。山下斉之営業部担当次長は、キルギスとカザフスタンを訪問し、自然エネルギー技術の普及に向けて現地調査してきた。

 同社は協力会社の両面発電型太陽電池モジュールと、再生可能エネルギーや商用電力の複合システムとを連携させて海外に進出し、ビジネスチャンスを広げるとともに国際貢献を図る。

 相互連携の優位性として山下次長は「砂漠などの軟弱地盤や丘陵地に設置できる架台がある。両面発電パネルは少ない面積で発電量がアップし、自然エネルギーを適正に合成して損失が抑えられる」と強調した。

 キルギスでは、小規模ながら一部で再生可能エネルギーを実験的に設置している。気候条件は太陽光発電に適し、日本企業の進出を期待しているものの、経済危機や電気料金の安さなど問題が立ちはだかる。

 しかし「水力発電のポテンシャルが高く近隣国への輸出が可能だ。橋梁や道路、下水道、建築物などインフラ整備が早急に必要と考えられる」と報告した。

 一方、カザフスタンは経済状況が非常に悪く、昨年の変動相場制導入で自国通貨が大暴落。原油価格も低下している。ただ、政府や国民も再生可能エネルギーへの関心が高く、ドイツ企業がメガソーラーで売電を行っている。

 2014年から固定価格買取制度(FIT)が始まり、15年の再エネ率は1.5%となった。今後、20年に3%、50年では50%を目標に置く。財政環境に逆風もあるが、「国の支援も多く、事業の可能性は高い」との見通しを示した。

(2016年2月18日掲載)


ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • オノデラ
  • イイファス
  • web企画

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

コストコ 石狩湾新港に道内2店目を検討
2019年12月12日 (2,943)
重大NEWS2019 令和元年を振り返る(1)再開発 札幌駅前で始動
2019年12月27日 (2,167)
札幌北5西1・西2再開を日本設計に実務委託
2019年12月27日 (2,060)
五輪マラソンコース整備で9.4kmにオーバーレイ
2020年01月05日 (1,942)
ススキノラフィラ 20年5月に閉店 新ビルに建て替えへ
2019年10月18日 (1,572)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第176回は「刺身を引く」。研ぎ澄ま された包丁で一気に引くと身が潰れず うまさが引き出されます。

連載 深掘り new

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 サハリン・スケッチ

重大NEWS2019 令和元年を振り返る
稚内市サハリン事務所の三谷将所長に、四半期ごとの定期連載で現地の様子を伝えてもらいます。