シルクロードビジネスセミナー (4)北清企業/廃棄物処理の技術、経験提供

2016年02月20日 11時54分

北清企業 大嶋社長

 北清企業(本社・札幌)の大嶋武社長はカザフスタンを現地調査し、自社の廃棄物処理と再資源化のトータル技術を提供できる市場としての有望性を感じ取った。

 カザフスタンの印象について大嶋社長は「40―50年前の北海道と同じ状況」と報告。年間約1億tの廃棄物が出るが、資源化されるのはダンボールや金属、ペットボトルに限られ、廃棄物全体の3%ほど。97%は埋め立て処分となる。

 「経済の進展とともに廃棄物はもっと増加するはず」と大嶋社長。埋め立て処分から衛生、適正、資源化までの処理技術をはじめ、収集から中間処理までのワンストップ化、総合リサイクルシステムを構築して運営するオペレーションを、現地で定着させたいと考えている。

 同国政府は2014年に廃棄物管理システム計画を樹立。次世代の処理システムとなる収集運搬と分別破砕などの中間処理、埋め立て処分を組み合わせ、50年までにリサイクル率50%の実現を目指している。

 大嶋社長は「リサイクル産業が成長すると、現地の民間企業が数多く出現してくる」と話す。「当社は技術や経験、ノウハウを提供する役割を演じたい。埋め立て方式から脱却し、リサイクル産業の構築により地域活性化を図り、減量化と新資源化を実現したい」と構想を描く。

 日本は一般、産業合わせて年間4億2000万tの廃棄物が出る。市場規模は収集運搬が2兆6000億円、中間処理が2兆2000億円、最終処分が6000億円という。

 大嶋社長はカザフスタンの現地調査を通じて「豊かな市場を生み、雇用を創出するチャンスはある」と確信した。

(2016年2月20日掲載)


ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • 北海道水替事業協同組合
  • 日本仮設
  • web企画

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

コストコ 石狩湾新港に道内2店目を検討
2019年12月12日 (2,943)
重大NEWS2019 令和元年を振り返る(1)再開発 札幌駅前で始動
2019年12月27日 (2,167)
札幌北5西1・西2再開を日本設計に実務委託
2019年12月27日 (2,060)
五輪マラソンコース整備で9.4kmにオーバーレイ
2020年01月05日 (1,942)
ススキノラフィラ 20年5月に閉店 新ビルに建て替えへ
2019年10月18日 (1,572)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第176回は「刺身を引く」。研ぎ澄ま された包丁で一気に引くと身が潰れず うまさが引き出されます。

連載 深掘り new

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 サハリン・スケッチ

重大NEWS2019 令和元年を振り返る
稚内市サハリン事務所の三谷将所長に、四半期ごとの定期連載で現地の様子を伝えてもらいます。