シルクロードビジネスセミナー (4)北清企業/廃棄物処理の技術、経験提供

2016年02月20日 11時54分

北清企業 大嶋社長

 北清企業(本社・札幌)の大嶋武社長はカザフスタンを現地調査し、自社の廃棄物処理と再資源化のトータル技術を提供できる市場としての有望性を感じ取った。

 カザフスタンの印象について大嶋社長は「40―50年前の北海道と同じ状況」と報告。年間約1億tの廃棄物が出るが、資源化されるのはダンボールや金属、ペットボトルに限られ、廃棄物全体の3%ほど。97%は埋め立て処分となる。

 「経済の進展とともに廃棄物はもっと増加するはず」と大嶋社長。埋め立て処分から衛生、適正、資源化までの処理技術をはじめ、収集から中間処理までのワンストップ化、総合リサイクルシステムを構築して運営するオペレーションを、現地で定着させたいと考えている。

 同国政府は2014年に廃棄物管理システム計画を樹立。次世代の処理システムとなる収集運搬と分別破砕などの中間処理、埋め立て処分を組み合わせ、50年までにリサイクル率50%の実現を目指している。

 大嶋社長は「リサイクル産業が成長すると、現地の民間企業が数多く出現してくる」と話す。「当社は技術や経験、ノウハウを提供する役割を演じたい。埋め立て方式から脱却し、リサイクル産業の構築により地域活性化を図り、減量化と新資源化を実現したい」と構想を描く。

 日本は一般、産業合わせて年間4億2000万tの廃棄物が出る。市場規模は収集運搬が2兆6000億円、中間処理が2兆2000億円、最終処分が6000億円という。

 大嶋社長はカザフスタンの現地調査を通じて「豊かな市場を生み、雇用を創出するチャンスはある」と確信した。

(2016年2月20日掲載)


ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 東宏
  • 川崎建設
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

JR札幌駅前の再開発ビル 延べ42万m²の規模で構想 
2020年07月31日 (4,712)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,280)
日高自動車道静内―三石間 最短ルートで最大1140億円
2020年07月17日 (1,957)
道内の「開かずの踏切」 対策検討中は残り3カ所
2020年07月13日 (1,730)
ススキノの銭湯を無人ホテルに マッシブサッポロ
2020年07月15日 (1,293)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 会社探訪記new

会社探訪記
地域に根差した企業を不定期で紹介します。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第188回は「感染対策」。形だけにならないよう、消毒液はたっぷり使い、マスクは鼻までしっかりしましょう。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。