株式会社森川組(函館) 西里 祐紀さん

2016年05月17日 10時23分

森川組 西里 祐紀さん

建築は臨場感や迫力がある

 幼い頃からなじみのあった建築の道を、森川組(本社・函館)でスタートさせた。現在、北海道防衛局発注の函館隊舎等耐震改修現場で、あらゆる場面の写真を撮影しながら、作業工程を覚える毎日だ。「関係者と意思疎通が図れるよう、しっかりと知識を養いたい」と意気込む。 中学まで住んでいた厚沢部町では、建設業を営む親戚の影響もあり、自然とものづくりに興味を持つようになった。それが憧れへと変わり、兄、姉と同じ函館工高の建築科に進学。函館で姉と2人暮らしを始めた。 2、3年のインターンシップで同社の建築現場を訪れたとき「生の現場は臨場感や迫力があり、わくわくした」。やりがいを感じ、就職を決意。内定後に受けた2級建築施工管理技術検定も見事合格した。 車通勤を始めて1カ月。行動範囲が広がり、休日はドライブでリフレッシュしている。高校の部活で主将を務め、全道大会にも出場した硬式野球は今も現役で、社会人のクラブチームに入り、新しい仲間と汗を流している。 札幌で働く6歳上の兄に「知ったふりをせずに、分からなければ聞け」とアドバイスを受けた。「一つ一つ学び、理解していく。ゆくゆくは1人で現場を持ち、品質もそうだが働く人の安全を最優先した管理ができるようになりたい」。そんな未来を描いている。

(2016年5月17日掲載)


関連キーワード: はばたけわこうど2016

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • イイファス
  • 古垣建設
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

JR札幌駅前の再開発ビル 延べ42万m²の規模で構想 
2020年07月31日 (4,180)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,389)
道内の「開かずの踏切」 対策検討中は残り3カ所
2020年07月13日 (1,968)
日高自動車道静内―三石間 最短ルートで最大1140億円
2020年07月17日 (1,805)
ススキノの銭湯を無人ホテルに マッシブサッポロ
2020年07月15日 (1,172)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 会社探訪記new

会社探訪記
地域に根差した企業を不定期で紹介します。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第188回は「感染対策」。形だけにならないよう、消毒液はたっぷり使い、マスクは鼻までしっかりしましょう。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。