観光振興に向けた施設活用など議論 浦臼町

2017年10月27日 07時00分

 浦臼町は25日、産業観光推進グランドデザイン検討委員会の第3回会合を役場庁舎で開いた。農業・観光振興の全体イメージを共有し、鶴沼ワイナリーや道の駅つるぬまといった施設や自然、食材などの活用方法を話し合った。

浦臼町産業観光推進グランドデザイン検討委員会 これまでの会合を踏まえ、農業・観光振興の全体イメージをKITABAの酒本宏会長が説明。鶴沼ワイナリーや道の駅、神内ファームがある鶴沼エリアを「観光の大きな拠点になる」と位置付け、その他のエリアでサイクリングや農産物の直売などを楽しむという構想を伝えた。

 このイメージを基に、3班が具体的な活動を検討。どの班も全体イメージに賛成の考えを示し、A班は雪で遊んだ後に町産の野菜を使った温かい食事を提供する企画を提案。B班はぶどうやメロンなど収穫体験を提案したほか、各エリアの役割分担の必要性を指摘。C班は町民が主体となって取り組む前に、各分野の講師から学ぶ時間を設けることを提示した。

 次回は12月上旬に開催し、この日に出た企画の開始時期など実現に向けた話し合いを行う。


関連キーワード: 観光 農林水産

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • 北海道水替事業協同組合
  • 東宏
  • イイファス

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

釧路に新名所「釧之助本店」がオープン 水族館や食堂も
2018年07月06日 (13,255)
複合市街地形成へ 新さっぽろ駅周辺地区計画概要明らかに
2018年06月28日 (2,310)
加森観光がルスツで設備投資拡大 大型商業施設建設も視野
2018年06月26日 (2,051)
千秋庵ビル跡地にホテル、店舗など複合施設を計画
2018年07月11日 (1,618)
旧KKRホテル解体は8月着工 竹中工務店に依頼
2018年07月08日 (1,617)

連載・特集

連載 道総研 研究・活動報告2018new

明日を支える
昨年に引き続き、北海道立総合研究機構建築研究本部の取り組みや課題を紹介します。

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第139回は「汗は臭くない」。暑い季節、気になるにおいの原因をあなたはご存じでしたか?