はばたけわこうど2017

株式会社中山組(札幌)    豊田 優貴さん

2017年05月29日 17時55分

中山組 豊田 優貴さん

災害に立ち向かう姿見て

 「東日本大震災がきっかけだった」-。道路が寸断されインフラが機能しない中、真っ先に現場に駆け付けて災害に立ち向かう建設業者の姿に感銘を受け、この道に進む決意を固めた。室蘭工大を卒業し、ことしから技術者としての第一歩を歩む。

 「構造物が出来上がっていく過程を一番間近で見ていたい」との思いから、卒業後の進路にはゼネコンを考えていた。中山組の説明会に参加した時、雰囲気の良さや技術力の高さに魅力を感じ、入社を志す。

 4月の入社から2週間の研修を経て、土木事業部に配属になった。当面の目標は1級土木施工管理技師に合格し、現場代理人として工事の最前線に立つこと。

 昨夏の台風災害では、先輩社員が4日間一睡もせずに作業に取り組んだと聞き、「かっこいい」と憧れを抱いた。「いつか緊急時にもすぐ呼ばれる技術者になりたい」と大きな夢を描いている。

(2017年5月10日掲載)


はばたけわこうど2017 一覧へ戻る

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 川崎建設
  • 古垣建設
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (4.1k)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2.3k)
定山渓グランドホテル瑞苑建て替え 20年春に着工...
2019年02月28日 (1.2k)
大成が542億円で首位 20年度ゼネコン道内受注高...
2021年05月11日 (1.1k)
北広島市と日本エスコン 駅西口周辺エリア活性化整備...
2021年04月27日 (1.1k)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第207回は「変異株」。第4派の原因となったイギリス株。感染力が強いため、対策の徹底や再点検が必要です。

連載 本間純子
いつもの暮らし便
new

本間純子 いつもの暮らし便
第8回「ワンルームマンションで暮らすこと」プラス2畳分の収納があると、生活がしやすくなります。

連載 都心再生

札幌駅前、大通り、ススキノ・中島公園の市内都心部各エリアの再開発動向を追った。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第7回「一時支援金の事前確認」珍しい業種、取引のなかった顧客との新たな出会いの契機になりました。