20グループが企画発表 オリ・パラ考える学生コンテスト

2017年11月01日 08時00分

 札幌市は10月28日、札幌駅前通地下歩行空間北4条札幌駅側イベントスペースで、オリンピック・パラリンピックを考える学生アイデアコンテストの発表会を開いた。予選を通過した個人含む20グループが「つながり」をテーマに、多くの市民が未来の札幌五輪・パラリンピックに参加してもらえるようなイベントや企画を発表した。

 将来を担う若者世代に、招致を目指す札幌冬季五輪・パラリンピックについて主体的に考えてもらうおうと開催。

 審査員に元アルペンスキー選手の川端絵美氏や建築家の五十嵐淳氏、NAC代表のロス・フィンドレー氏らを迎え、創造性やレガシー、実現可能性、つながり度などの観点で評価した。

 参加者は、持ち時間の5分以内でそれぞれの企画をアピール。参加する各国の食を通じて交流を深めるイベントや、交通・ファッション・食などをまとめたアプリ開発などの提案に対し、審査員からは開発コストなどの質問が投げ掛けられた。

 最優秀賞には、冬季五輪種目の開催を各区に振り分けるほか、小学校での体験などを通じて子どものウインタースポーツ振興も図るといった企画を提案した、北海道教育大岩見沢校教育学部芸術スポーツビジネス専攻3年の村上真由さんが選ばれた。


関連キーワード: スポーツ

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • 北海道水替事業協同組合
  • 北海道認定リサイクル製品
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

清田区里塚の被害甚大 大規模な地盤沈下、道路陥没も
2018年09月11日 (6,027)
地下鉄麻生駅近くに商業施設 ビッグが遊技場跡地を取得
2018年10月05日 (2,539)
釧路に新名所「釧之助本店」がオープン 水族館や食堂も
2018年07月06日 (2,478)
2019年1―2月にオープン ベガスベガス釧路店新築
2018年05月04日 (2,011)
薄野のビル4棟売却で11月にも契約 第一興商
2018年10月01日 (1,705)

連載・特集

連載 月尾嘉男 北海道150年を支えた偉人new

北海道150年を支えた偉人
北海道の歴史に名を刻む人物を紹介します。

連載 道総研 研究・活動報告2018

明日を支える
昨年に引き続き、北海道立総合研究機構建築研究本部の取り組みや課題を紹介します。

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第145回は「ラーメンの危機」。地震の影響でラーメン横丁やススキノの人影が減っています。私たちで元気づけましょう!