20グループが企画発表 オリ・パラ考える学生コンテスト

2017年11月01日 08時00分

 札幌市は10月28日、札幌駅前通地下歩行空間北4条札幌駅側イベントスペースで、オリンピック・パラリンピックを考える学生アイデアコンテストの発表会を開いた。予選を通過した個人含む20グループが「つながり」をテーマに、多くの市民が未来の札幌五輪・パラリンピックに参加してもらえるようなイベントや企画を発表した。

 将来を担う若者世代に、招致を目指す札幌冬季五輪・パラリンピックについて主体的に考えてもらうおうと開催。

 審査員に元アルペンスキー選手の川端絵美氏や建築家の五十嵐淳氏、NAC代表のロス・フィンドレー氏らを迎え、創造性やレガシー、実現可能性、つながり度などの観点で評価した。

 参加者は、持ち時間の5分以内でそれぞれの企画をアピール。参加する各国の食を通じて交流を深めるイベントや、交通・ファッション・食などをまとめたアプリ開発などの提案に対し、審査員からは開発コストなどの質問が投げ掛けられた。

 最優秀賞には、冬季五輪種目の開催を各区に振り分けるほか、小学校での体験などを通じて子どものウインタースポーツ振興も図るといった企画を提案した、北海道教育大岩見沢校教育学部芸術スポーツビジネス専攻3年の村上真由さんが選ばれた。


関連キーワード: スポーツ

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

再開発マップ(札幌版)
  • 日本仮設
  • 川崎建設
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

ダクタイル鋳鉄管データ不正 十勝管内にも影響...
2022年01月14日 (5,385)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (3,461)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (3,318)
「アイアンショック」の足音 鋼材高値、リーマン前に...
2021年07月15日 (3,210)
冬季は除雪オペレーター 谷組が女性従業員3人を通年...
2022年01月16日 (2,682)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第223回は「感染第6波」。ワクチンの追加接種が広がるまで、対策徹底を。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第16回「吉祥文様で良い一年を」。縁起の良い模様に背中を押してもらうのはどうでしょう。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第15回「事業拡大と補助者制度」自分以外でもできる仕事を人に任せながら、事業拡大について考えています。