おとなの養生訓

おとなの養生訓 第3回「お酒と脱水」 水分補給し二日酔い防止

2012年09月03日 13時39分

 よくビールを飲むとトイレが近くなると言われます。実際、ビアガーデンに行くとトイレは大盛況。札幌大通りのビアガーデンではトイレの確保が毎年の悩みで、仮設トイレには長蛇の列が出来ます。この現象は、もちろんビールの量が他のお酒に比べて多いことと関係があるのですが、それだけではありません。

 実は、アルコール自体におしっこを増やす作用があるためなのです。人のおしっこの量を調節するホルモンは数種類ありますが、そのうち、おしっこから水分を回収して、体の水分を保持する役割をもつものをバゾプレッシンといいます。

 このホルモンは脳の視床下部という場所の神経細胞によってつくられて、下垂体という場所から血液中に分泌されます。つまり、脳がバゾプレッシンを作るのですが、アルコールはこの作用をあっという間に抑えてしまうのです。

 なので、おしっこからの水分の回収は停止して、おしっこの量が飛躍的に増えてしまいます。つまり、ビールで考えても、飲んだ量以上の水分がおしっことして失われることになるのです。量がそんなに多くない焼酎やウイスキーでも、アルコールの摂取量は変わらないわけで、結局、たくさんの水分が失われることになるのです。

 暑い盛りで、汗をたくさんかいているときに、お酒ばかり飲んでいると、おしっことして体からよりたくさんの水分が失われて、脱水状態になる危険性が高まるわけです。日中のビアガーデンなら、熱中症すら引き起こしかねません。

 夜の飲酒でもお酒だけなら、翌朝に脱水状態を持ち越すので、頭痛、吐き気、めまいなど脱水に起因する症状が現れます。そう、つまり二日酔いの症状の大半は、アルコールによる脱水のためなのです。

 アルコールによる脱水を避けるには、飲酒中にこまめに水を飲むことが大事なのです。ですから、ウイスキーのチェイサーは理にかなっているのです。私の先輩で日本酒を飲みながら、チェイサーを頼むひとがいますが、さすがの養生法です。

 本当はビールを飲んだ後にも真水を飲んでいただきたいところです。そして、翌朝のために、寝る前にコップ二杯のお水を飲んでから、床につくことをおすすめします。もし、夜中に目が覚めてトイレに立ったら、もう一杯のお水を飲んでください。これで、よほど大量に飲酒しない限り、二日酔いは防げるでしょう。

(札医大医学部教授・當瀬規嗣)


おとなの養生訓 一覧へ戻る

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • 日本仮設
  • 川崎建設
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌駅前に新タワービル JR北海道が不動産事業を強化
2019年04月10日 (4,097)
札幌・北4西3街区再開発 5月にも準備組合発足
2019年03月28日 (3,370)
札幌・南2西7に112室のホテル ユニホー
2019年03月27日 (2,499)
札幌市民ホール 愛称は「カナモトホール」
2019年02月15日 (2,492)
新幹線札樽トンネル、今秋から立坑掘削 札幌で工事開始
2019年04月22日 (2,219)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第157回は「バーボン」。お勧めの飲み方はトウモロコシの香りが引き立つロックです。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。