おとなの養生訓

おとなの養生訓 第8回「喫煙と飲酒」 酔ったときの一本が…

2012年11月01日 14時48分

 タバコが健康に害を及ぼすものだということは、すでに常識です。日本の愛煙家は随分少なくなっていますが、最近は下げ止まりの傾向があるようで、やはり一定程度の人たちはタバコを吸っています。そういう人たちの中でも、何らかのキッカケで、禁煙あるいは卒煙を決心して、辛い戦いに入る人たちもたくさんいます。

 今は、病院に禁煙外来も設けられて、薬物などを使った医学的な禁煙法も活用されています。しかし、禁煙の一番重要なポイントは、ご本人の禁煙への覚悟のほどであることは、間違いありません。なので、禁煙を継続しても、何かのキッカケで再開してしまい、「元の木阿弥」という人もたくさんいます。

 有名なイギリスの劇作家、バーナード・ショウは、「禁煙なんて簡単だ。その証拠に、私は今まで100回も禁煙したことがある」といっています。本当に100回やったかは別にして、禁煙の誓いは、いつももろくも崩れていたようです。

 禁煙を失敗させる、大きな理由の一つは、喫煙仲間の非協力です。「何だ、おまえだけ抜け駆けして!」と、禁煙している人に煙を吹きかけたりするのです。これは一種の拷問、いじめですね。それでも、折角の難行が水の泡となるのは、避けたいところで、グッと我慢というところでしょう。

 ところが、禁煙している人には、大きなワナが待ち構えています。それが酒席なのです。酒席では周りの人がタバコを吸っているから影響されるのか?って、いえ!違うのです。私は、非喫煙者ばかりの酒席で、禁煙を始めたばかりの人が、酒席の最中に1人タバコを吸い始めるのを、度々目撃しています。もちろん、1人でも喫煙者がいれば、禁煙者は早速の「もらいタバコ」。努力は水泡と帰します。

 酒席で禁煙が破れる最大の原因は、アルコールにあります。アルコールが体内に貯まると、脳神経が徐々に抑制されます。この際、抑制されやすいのは、脳のはたらきを抑制的にして、たしなみや自重の念を形作る抑制性神経なのです。

 なので、酔っぱらってくると、基本的に自制心が失われます。元来、タバコが大好きな禁煙者は、「まっ、1本ぐらいいいか…」と思い始めるのです。周りにそれを止める権限のある家族がいない酒席では…禁煙を実行するには、禁酒が必要なのです。辛いですね…。

(札医大医学部教授・當瀬規嗣)


おとなの養生訓 一覧へ戻る

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • 川崎建設
  • 古垣建設
  • イイファス

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

2019年1―2月にオープン ベガスベガス釧路店新築
2018年05月04日 (5,539)
江別蔦屋書店オープン 飲食など17テナントが出店
2018年11月21日 (2,783)
富良野道路が開通 北の峰トンネルなど難工事克服
2018年11月26日 (2,619)
JR苗穂駅新駅舎が開業 橋上化、再開発動きだす
2018年11月17日 (2,321)
札幌駅前通ビル2棟を一体開発 ヒューリック
2018年11月29日 (2,209)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第149回は「冷え」。その症状は血液の循環、血流不足によって起きます。その対策などをお教えします。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。

連載 エンジン01in釧路 市民向け講座から

北海道150年を支えた偉人
釧路公立大で開かれた市民向け講座を紹介します。全9回

連載 道総研 研究・活動報告2018new

明日を支える
北海道立総合研究機構建築研究本部の取り組みや課題を紹介します。全15回