除雪に携帯GPS活用を検証 旭川市

2017年11月07日 07時00分

 旭川市は今冬、スマートフォンなど携帯端末のGPS機能を活用した除雪作業を試行する。リアルタイムで除雪の進ちょく状況や経路などが把握できるもので、作業の効率化と精度向上を目指す。本年度は中央・新旭川地区で20台分試験導入して検証を進め、将来的には全地区での導入を図っていく考えだ。

 GPS活用は、2014年8月に取りまとめた次期雪対策基本計画に盛り込まれたのがきっかけ。道内では既に北見市などで取り組んでいる。

 旭川市の場合は、市仕様の専用アプリケーションをインストールした携帯端末から除雪車の現在地、走行経路の軌跡など各種情報を外部サーバーに蓄積し、蓄積したデータを市土木事業所や除雪センターに設置しているパソコンで確認するというもの。

 作業状況をリアルタイムで確認できることから、除雪のし忘れがあった場合、すぐにオペレーターへ連絡することができるほか、軌跡が残るため、除雪作業が実際に行われたどうかを把握することが可能となる。

 また、運行記録の日報が自動的に作成できるなど、受発注間の事務作業軽減も期待されている。

 市が実施する市道除雪延長は約2158㌔で、9地区に分けて共同体に委託している。17年度は頻繁に除雪する機会が多い中心市街地を含む中央・新旭川地区の一部で導入。GPSの精度や、複数台で作業する幹線道路の場合にどのような軌跡を描くかなどを検証する。

 来年度以降は検証結果を基に実施地区を順次拡大していく考え。今後は現場を撮影できるようにするなどシステムの拡充も図る方針だ。


関連キーワード: 新技術

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • 古垣建設
  • 北海道水替事業協同組合
  • 東宏

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

洞爺サンパレス「クリスタル」建替を6月着工 カラカミ観光
2017年12月26日 (2,350)
特定代行者募集を開始 北3東11周辺地区再開発
2017年12月25日 (1,708)
国立アイヌ民族博物館新営建築は40億円で竹中らJVに
2018年01月15日 (1,681)
道新幹線、札樽トンネル(石倉)他は105億円で大林組らJVに
2017年12月20日 (1,502)
小樽のホテル跡8万m²など取得 グローカルジャパン
2018年01月13日 (1,362)

連載・特集

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第127回は「疲労とお風呂」。血行が改善されることで疲労感の原因となる物質が、処理されやすくなります。

連載 北海道・モンゴル経済交流

北海道・モンゴル経済交流
モンゴル国内の経済活動や、北海道 企業の活躍、両者のマッチングなど の交流について報告します。

特集 NETIS特集2017

NETIS特集2017
公共工事の品質向上やコスト削減に つながる、先進的な新技術について 紹介します。