おとなの養生訓

おとなの養生訓 第18回「カラ酒」 胃粘膜傷つけ急性胃炎に

2013年03月26日 15時41分

 カラ酒という言葉をご存じですね。何も食べないでお酒を飲むことです。日本酒好きの中では塩だけなめてお酒を飲む人がいますが、これもカラ酒といえるでしょう。カラ酒は体に良くないことだということは、ご存じである方も多いと思いますが、実際、どのような問題があるのか考えて見ました。

 カラ酒をすると、何も食べ物がない胃の中にお酒が入ります。そうすると、アルコールが胃の粘膜に直接触れることになります。アルコールは洗剤のような作用を示すので、胃の粘膜を覆っている粘液を洗い流してしまいます。

 そもそも胃の粘液は、強い酸である胃液から粘膜を保護する作用を持っているのですが、粘液がなくなると、胃の粘膜は胃液に直接さらされることになります。こうなると、粘膜は破壊され、はがれてしまい、粘膜に炎症が起こることになります。

 また、粘液がないことで、アルコール自体も胃の粘膜から吸収されやすくなります。吸収されたアルコールが胃の壁の組織を直接刺激して、胃液の分泌を促す可能性があるので、粘膜の炎症がさらに悪化します。

 こうなると、痛みや吐き気が出たりします。つまりカラ酒を飲むと、急性胃炎になるということなのです。この急性胃炎はもちろんごく軽いものですから、すぐに粘膜が再生しておさまるのですが、カラ酒を繰り返していると、粘膜は傷んで、炎症が長引くことになります。

 また、すでに胃かいようなどの病気がある時には、症状が悪化します。食べ物と一緒にお酒を飲むと、食べ物が胃にとどまって、お酒が粘液を流したり、粘膜に直接触れたりすることを防ぐことが出来ます。なので、お酒にはおつまみというのが、大人の養生法です。

 ところで、カラ酒とはいかなくても、空腹で宴会がスタートして、まずは乾杯してお酒を一気に流し込むことは誰でもあるでしょう。すぐに何か食べれば、大丈夫かも知れませんが、やはり胃に負担をかけるのは間違いありません。

 とくに乾杯のお酒がビールだと、炭酸が胃液の分泌を促す効果があるので、胃の粘膜はピンチです。宴会スタート前に、チーズをひとかけら食べると、チーズが胃の中で溶け拡がって粘膜を保護する効果があります。疲れやストレスで胃腸の調子が思わしくない方は、試してみてください。まあ、飲まないに越したことはありませんが…

(札医大医学部教授・當瀬規嗣)


おとなの養生訓 一覧へ戻る

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • イイファス
  • 古垣建設
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌駅前に新タワービル JR北海道が不動産事業を強化
2019年04月10日 (4,092)
札幌・北4西3街区再開発 5月にも準備組合発足
2019年03月28日 (3,367)
札幌・南2西7に112室のホテル ユニホー
2019年03月27日 (2,668)
札幌市民ホール 愛称は「カナモトホール」
2019年02月15日 (2,485)
新幹線札樽トンネル、今秋から立坑掘削 札幌で工事開始
2019年04月22日 (2,217)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第157回は「バーボン」。お勧めの飲み方はトウモロコシの香りが引き立つロックです。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。