おとなの養生訓

おとなの養生訓 第22回「晩酌」 緊張感なく酔い回り早く

2013年05月28日 18時19分

 晩酌という言葉があります。これは文字通り、夕方あるいは夜にお酒を飲むことをさしますが、通常は、自宅で夕食とともにお酒を飲むこと、あるいは、お酒とつまみで夕食の代わりとすることを意味していることが多いようです。最近は晩酌セットなんて居酒屋でやってますが…。

 親しい飲み友達などと話していると、必ず意見が合う事柄に、「晩酌は回りが早い」というのがあります。確かに、宴会や飲み会等に出ると、1次会だけでは足らずに、2次会、3次会と回って、さんざんお酒を飲み続けるのに、家で晩酌してると、ビールを1缶飲めば、もう酔いが回って顔が真っ赤になります。2缶も空けると、テレビを見ながらソファで居眠り…。どうしてこんなにも違うのでしょうか?

 どうも、自宅にいると〝油断〟あるいは〝リラックス〟しているためではないかと思われます。リラックスといえば、自律神経の働きが大きく関係します。まず、アルコールは自律神経に直接的な影響を示すことはあまりありません。飲み進めてアルコールの量が増えると、血管が開いて、体が温かくなります。これは自律神経が働いたと考えがちなのですが、実はアルコールが代謝されて生じるアセトアルデヒドが直接血管を拡げるためなのです。

 さて、宴会など外でお酒を飲むときは、お酒を飲む前からある程度緊張していると考えられるので、すでに交感神経が働いています。交感神経はもともと血管を締めて血圧を上げるように働くので、アセトアルデヒドの血管拡張作用を抑えると思われます。

 なので、体が温かくなりにくく、酔いが回りにくいと感じるのです。一方、晩酌の時は、当然ながら、リラックスしています。こういうときは、交感神経はほとんど働きません。そこにアセトアルデヒドが出てくるので、血管はよく開いて、体が温かくなり、酔いが回りやすくなるのではないかと思われるのです。だから、晩酌がとりわけ体に悪いとかいうわけではないのです。

 また、外で飲んでいるときは、アルコールの作用が弱い訳でもありません。酔いが回りにくいのをいいことに、たくさんアルコールを飲むことになってしまいがちです。結局、酩酊、二日酔いといったツケが後からドカンと来ます。ご用心を。

(札医大医学部教授・當瀬規嗣)


おとなの養生訓 一覧へ戻る

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • オノデラ
  • 東宏
  • 川崎建設

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

19年度から札幌市内の工事が本格化 北海道新幹線整備
2019年01月23日 (5,137)
北海道局長に和泉氏 開発局長は水島事業振興部長 国交省
2018年07月24日 (3,354)
道東道夕張―十勝清水間の4車線化へ道などが緊急要望
2019年01月25日 (2,540)
北4西18に複合施設 カレスサッポロが10月着工
2019年01月21日 (2,301)
サッポロテイセンボウルなど跡地に商業施設検討
2019年01月31日 (2,074)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第153回は「夢」。一日の記憶を整理 整頓して、脳の疲労を解消する役割を 持っています。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。