おとなの養生訓

おとなの養生訓 第24回「シャワーとお酒」 体温下げ睡眠の妨げに

2013年07月02日 18時58分

 欧米から伝わったシャワーは、もうすっかり日本の家庭に定着しました。お風呂ほど時間がかからないお手軽感から、お風呂は入らずにシャワーだけで済ましたり、1日に何度もシャワーを浴びたりする人もいるとか。でも、シャワーとお風呂が体に及ぼす影響は全く異なります。

 一口で言うと、お風呂はリラックス感、ゆったり感であるのに対し、シャワーは爽快感、サッパリ感であると言えます。シャワーを浴びると交感神経の活動が活発になると言われています。

 シャワーは皮膚に強い水流が断続的にあたり続けます。これが刺激となり脳を覚醒させるのです。とくに熱めのシャワーにこの効果が強いと言うことです。これと、汗を流し、皮膚を清潔にすることが相まって、爽快感を感じると理解できます。

 と言うわけで、シャワーを浴びると、眠気がなくなり、気持ちが前向きになると言う効果が期待できるので、朝、出かける前にシャワーを浴びることは1日のスタートとして有効と言えます。

 では、夜はどうでしょうか。お酒を飲んで帰宅して、シャワーを浴びてからベッドに入る人がたくさんおられます。「酔い覚ましにシャワー」と言っている人もいます。しかし、これは睡眠の量と質という意味であまりおすすめできません。

 まず、シャワーの覚醒効果のために、一時的にせよ眠気は消えてしまい、なかなか寝付けないということになりがちです。一方、シャワーの効果で気分がサッパリし、酔いが醒めたような気になりますが、実際は錯覚に過ぎず、血液中のアルコール濃度は下がってはいません。なので、実は酔ったまま眠るので、睡眠が浅くなります。

 また、シャワーは体の表面を温める効果しかないので、浴びた後はむしろ体温が下がり気味になります。実はお酒も結果的に体温を下げる効果があるので、睡眠中に体が冷えて目が覚めると言うことも起こり得ます。結局、十分な睡眠がとれないうちに翌朝を迎えることになりますので、前日の疲れを持ち越すことになります。

 お酒を飲んでいなかったとしても、夜遅くにシャワーを浴びること自体、睡眠にはいい影響を与えないようです。普段から、寝付けない、途中で目が覚めるなど、睡眠に悩みをお持ちの方は、シャワーはやめて、ぬるめのお風呂にしていただきたいと思います。

(札医大医学部教授・當瀬規嗣)


おとなの養生訓 一覧へ戻る

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 東宏
  • web企画
  • オノデラ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

自動運転車と鉄道を併用 第二青函トンネルJAPIC...
2020年11月05日 (8.5k)
ニトリが石狩湾新港に物流施設新設...
2020年11月06日 (1.9k)
20年度内開通へ急ピッチ 函館新外環状道路空港道路...
2020年11月21日 (1.6k)
霧立峠トンネル掘削進む...
2020年11月10日 (1.5k)
伊藤組土建が首位に 20年度上半期のゼネコン道内受...
2020年11月12日 (1.4k)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 サハリン・スケッチ new

サハリン・スケッチ
稚内市サハリン事務所の三谷将所長に、四半期ごとの定期連載で現地の様子を伝えてもらいます。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第2回「赤は目立たない色?」図面や変更指示書を作成する際は、色だけに頼らない工夫や電話での確認が大事です。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第2回「一万超の許認可が主戦場」前職の経験などを生かしそれぞれの行政書士が得意分野を持って業務に当たっています。

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第196回は「見えない感染」。手洗い、三密回避、マスクを着け、直接接触を避ける。お互いを思いやって頑張りましょう。