JR東が本道にホテル初進出 札駅北口ビル入居を検討

2017年11月09日 09時30分

 JR東日本(東京都渋谷区代々木2丁目2の2、冨田哲郎社長)は7日、本道へのホテル初進出を計画していることを明らかにした。同社はJR札幌駅北口そばで建設中の13階建てビルへの入居を検討しており、北海道新幹線延伸や訪日外国人旅行者の増加などで盛り上がりが続く札幌圏への期待の高さがうかがえる。

 同日発表した、10年後を見据えた戦略をまとめた「生活サービス事業成長ビジョン(NEXT10)」の一環。2026年度生活サービス事業の営業収益を16年度比1・5倍の1兆2000億円に拡張することを数値目標に掲げ、柱の一つにホテルやフィットネスクラブなどの同社エリア外展開を位置付けている。

札幌で計画するホテルイメージ

札幌で計画するホテルの完成イメージ(JR東日本提供)

 ホテル候補地は、札幌市北区北7条西2丁目5の3というJR札幌駅北口すぐの好立地。代々木ゼミナール札幌校に隣接し、同校を運営する学校法人高宮学園(本社・東京)がRC造、13階、延べ6731m²の規模でホテル用途のビルを建設している。設計・施工は大成建設。18年12月ごろの完成を予定している。

 JR東日本では「詳細については詰めているところで、まだ公表できる段階ではない」としながらも、道内初進出に向け着実に準備が進められている。


関連キーワード: さっぽろ圏 ホテル

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • 北海道水替事業協同組合
  • イイファス
  • 日本仮設

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

「岩田地崎が首位」ゼネコン上半期・道内受注ランキング
2017年11月03日 (2,564)
市内初の大型ホテルに スーパーホテルが石狩市に進出打診
2017年10月27日 (2,052)
新千歳空港国際線ビル拡張を着工 契約総額518億円
2017年11月10日 (1,888)
小樽駅前第1ビル周辺地区で再開発 準備組合が設立
2017年10月31日 (1,432)
旧みずほ銀札幌寮跡に複合商業施設を計画 アルファコート
2017年10月24日 (1,322)

連載・特集

特集 NETIS特集2017new

公共工事の品質向上やコスト削減に つながる、先進的な新技術について 紹介します。

連載 おとなの養生訓

第124回は「スポーツケア」。運動後 は入浴やストレッチで血行を良くして 筋肉の回復を促進させましょう。

連載 北海道・モンゴル経済交流

モンゴル国内の経済活動や、北海道 企業の活躍、両者のマッチングなど の交流について報告します。