JR東が本道にホテル初進出 札駅北口ビル入居を検討

2017年11月09日 09時30分

 JR東日本(東京都渋谷区代々木2丁目2の2、冨田哲郎社長)は7日、本道へのホテル初進出を計画していることを明らかにした。同社はJR札幌駅北口そばで建設中の13階建てビルへの入居を検討しており、北海道新幹線延伸や訪日外国人旅行者の増加などで盛り上がりが続く札幌圏への期待の高さがうかがえる。

 同日発表した、10年後を見据えた戦略をまとめた「生活サービス事業成長ビジョン(NEXT10)」の一環。2026年度生活サービス事業の営業収益を16年度比1・5倍の1兆2000億円に拡張することを数値目標に掲げ、柱の一つにホテルやフィットネスクラブなどの同社エリア外展開を位置付けている。

札幌で計画するホテルイメージ

札幌で計画するホテルの完成イメージ(JR東日本提供)

 ホテル候補地は、札幌市北区北7条西2丁目5の3というJR札幌駅北口すぐの好立地。代々木ゼミナール札幌校に隣接し、同校を運営する学校法人高宮学園(本社・東京)がRC造、13階、延べ6731m²の規模でホテル用途のビルを建設している。設計・施工は大成建設。18年12月ごろの完成を予定している。

 JR東日本では「詳細については詰めているところで、まだ公表できる段階ではない」としながらも、道内初進出に向け着実に準備が進められている。


関連キーワード: さっぽろ圏 ホテル

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • 東宏
  • 北海道水替事業協同組合
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

清田区里塚の被害甚大 大規模な地盤沈下、道路陥没も
2018年09月11日 (5,617)
地下鉄麻生駅近くに商業施設 ビッグが遊技場跡地を取得
2018年10月05日 (2,607)
釧路に新名所「釧之助本店」がオープン 水族館や食堂も
2018年07月06日 (2,485)
2019年1―2月にオープン ベガスベガス釧路店新築
2018年05月04日 (2,053)
薄野のビル4棟売却で11月にも契約 第一興商
2018年10月01日 (1,733)

連載・特集

連載 月尾嘉男 北海道150年を支えた偉人new

北海道150年を支えた偉人
北海道の歴史に名を刻む人物を紹介します。

連載 道総研 研究・活動報告2018

明日を支える
昨年に引き続き、北海道立総合研究機構建築研究本部の取り組みや課題を紹介します。

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第145回は「ラーメンの危機」。地震の影響でラーメン横丁やススキノの人影が減っています。私たちで元気づけましょう!