おとなの養生訓

おとなの養生訓 第26回「食べる順番」 とりあえずサラダから!

2013年07月30日 18時01分

 宴会ではコース料理が出てきます。和食のコースだと、前菜とか先付けとか呼ばれる料理で始まって、刺身、焼き魚、煮物や鍋といった具合で、だんだん量が多くて腹に応えるものが出てきます。それが終わった頃に、「お食事!」と称してご飯ものや麺類などが出てきて、お腹はパンパン!とどめはデザートです。

 洋風のコースも同じような感じで、ただ、パンが魚や肉の前に出てくるのが違いぐらいでしょうか。最近の私は、コース料理を全部いただくのは不可能で、結構残してしまいます。どう考えても量が多すぎます。でも、回りを見ると、私より先輩の方々でも、あらかた平らげてしまいます。「太るぞ!」と心配しています。

 前菜や先付けに出される料理は、少量だけど、味がしっかりついた料理が出てくることが多いのですが、これは食欲を増進させる効果を狙っているのだそうです。オマケに同時にビールや発泡性のお酒を飲むと、この炭酸が胃を刺激して、食欲をさらに高めます。だから、あんなたくさん料理を平らげることが出来るのか…。

 ところで、ファミリーレストランなどで、セット料理を頼むと、一番先にサラダが出てきたり、「サラダバー」へ行ってサラダを盛ってくるように促されたりします。なぜか、料理の前にサラダを平らげることになるのです。昔は、味気なくてあまり好きではない順番だったのですが、今は見直しています。

 過食、太りすぎを直すための方策として、食事のはじめにサラダを皿一杯たべて、ある程度お腹を膨らせてから、メインの料理に手をつける方法が推奨されているからです。この方法には、ダイエットのためになる二つの利点があります。

 一つはサラダがあらかじめ胃を膨らませるので、比較的少ない量の料理で満腹感が得られることです。なので、ご飯をおかわりしたり、大盛りにしたりしなくても満足できます。サラダはほとんどカロリーがありませんから、減食につながるというわけです。

 二つめは、栄養の吸収を抑えられることです。野菜にたくさん含まれる食物繊維は、糖分や脂肪の吸収を緩やかにし、吸収を減らす効果があります。これで摂取カロリーが減ります。また糖分の吸収が緩やかだとインスリンの分泌を抑えるので、糖尿病の予防になるのです。

 養生訓は、「とりあえずビールではなく、とりあえずサラダ!」ということになります。

(札医大医学部教授・當瀬規嗣)


おとなの養生訓 一覧へ戻る

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • 古垣建設
  • 北海道水替事業協同組合
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌・月寒東に延べ3.2万m²の日本医療大
2019年05月29日 (4,546)
札幌駅南口再開発が始動 北4西3に超高層複合ビル 
2019年05月24日 (4,017)
札幌市、地下鉄駅をリフレッシュ 10カ年で92億円
2019年05月28日 (2,565)
札幌駅前に新タワービル JR北海道が不動産事業を強化
2019年04月10日 (2,190)
芙蓉総合リースが札幌・北10西16に商業施設
2019年06月09日 (1,786)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第161回は「チャーハン」。白飯より 血糖値の上昇が緩やかで、太りにくい 性質があります。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。