おとなの養生訓

おとなの養生訓 第27回「糖分とお酒」 アルコール発酵の材料

2013年08月13日 17時58分

 お酒の主成分はもちろんエチルアルコールです。エチルアルコールは、酵母という微生物が行うアルコール発酵という現象により作り出されます。しかし、何もないところからアルコールを作り出すわけではなく、アルコールのもとになる材料が必要です。

 その材料とは、ブドウ糖を代表とする糖分(単糖類)です。なので、単糖類をたくさん含んでいる果物は、アルコール発酵が起こりやすく、それによって出来たアルコールによってブドウ酒を代表とする果実酒ができあがります。

 では、日本酒、ビール、ウィスキーなどはどうでしょうか。これらのお酒の原料はお米や麦などの穀類です。ご存じのように穀類はほとんど甘くありません。単糖類がないからです。その代わりに、単糖であるブドウ糖の分子を無数につなげて作られるデンプンやグリコーゲンなどの、多糖類がたくさん含まれています。しかし、酵母は多糖類から直接、アルコール発酵することは出来ません。

 そこで、何らかの方法で多糖類を分解してブドウ糖にしてしまえば、アルコール発酵が進みます。お米の場合は、コウジカビを使って多糖類を分解します。そうしてできたもろみはブドウ糖が豊富でとても甘くなり、アルコール発酵が進むと日本酒になるわけです。

 一方、小麦の場合は別な方法をとります。小麦を発芽させると、その際に生じる酵素の作用で多糖類が分解されます。この麦芽から絞り出した麦汁にはブドウ糖が大量にあるので、これをつかってアルコール発酵を行い、ビールやウィスキーを作ります。

 穀類を使ってお酒を造るためには、多糖類を分解するための高度な技術が必要なのですが、世界中で、穀類を使ったお酒がたくさん造られています。穀類は主食として各地で栽培されていて、原料が豊富に手に入るためですが、おそらく、そこから苦心惨憺(さんたん)、あるいはいくつかの偶然が重なって、人々はお酒を手に入れたのでしょう。

 お酒を飲みたいと思う強い欲求、飽くなき探求心、偶然をつかまえる注意力や発想力、さらにお酒を完成させるという執念、そういった先人の思いのすべてが、お酒には詰まっています。どうせ飲むなら、お酒の中の先人の英知を、少しずつ溶かしだして、じっくり味わうのはわるくありません。「一気、一気」はやっぱり先人に失礼ですね。

(札医大医学部教授・當瀬規嗣)


おとなの養生訓 一覧へ戻る

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 古垣建設
  • 北海道水替事業協同組合
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

道内建設会社 毎週5社のペースで消える
2020年08月31日 (9,042)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,191)
現場の風景 旭川市総合庁舎建て替えと工高生
2020年09月04日 (1,504)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思い
2020年04月14日 (1,153)
ニセコ・アビエーションが倶知安に「空の駅」
2020年09月15日 (1,152)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第191回は「じゃがいも」。秋の味覚です。カロリーはご飯の半分、ビタミン豊富で意外にもバランス良く栄養補給できます。

連載 会社探訪記

会社探訪記
地域に根差した企業を不定期で紹介します。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。