原生植物エゾスカシユリを移植 きたはなプロジェクト

2017年11月10日 09時58分

 網走開建や東京農大、オホーツク21世紀を考える会など網走市内の関係機関で構成する「きたはなプロジェクト」は10月26日と11月8日の2日間、国道244号の北浜法面にエゾスカシユリなどの原生植物を移植し、魅力的な景観づくりに貢献した。

白鳥台小児童

白鳥台小児童が育てた苗を法面に植えた

 同プロジェクトでは北浜地区の法面からアヤメやエゾスカシユリなど原生植物の種子を採取し、育成した後に植え戻す植栽活動を2005年度から実施。初日には農大生をはじめとした地域住民ら約50人がアヤメなどの苗の植え替えとほ場への種まきに取り組んだ。

 最終日は市立白鳥台小から3、4年生15人が総合学習の一環で参加。自分たちで育てたエゾスカシユリの苗を持ち寄り、法面に穴を掘って一つずつ丁寧に植えていった。


関連キーワード: 地域振興

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • オノデラ
  • 古垣建設
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

釧路に新名所「釧之助本店」がオープン 水族館や食堂も
2018年07月06日 (13,255)
複合市街地形成へ 新さっぽろ駅周辺地区計画概要明らかに
2018年06月28日 (2,311)
加森観光がルスツで設備投資拡大 大型商業施設建設も視野
2018年06月26日 (2,051)
千秋庵ビル跡地にホテル、店舗など複合施設を計画
2018年07月11日 (1,618)
旧KKRホテル解体は8月着工 竹中工務店に依頼
2018年07月08日 (1,617)

連載・特集

連載 道総研 研究・活動報告2018new

明日を支える
昨年に引き続き、北海道立総合研究機構建築研究本部の取り組みや課題を紹介します。

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第139回は「汗は臭くない」。暑い季節、気になるにおいの原因をあなたはご存じでしたか?