おとなの養生訓

おとなの養生訓 第30回「辛口とアルコール」 濃度で決まらぬ酒の味

2013年10月01日 18時02分

 最近は、居酒屋や和食処でメニューを見ると、たくさんの種類の地酒がずらりと並んでいます。20年ぐらい前なら「お酒」とか「燗酒、冷や酒」と書いてあるのが関の山でした。本当に日本酒のバラエティを楽しめる良い時代になったものです。

 そんな世の中ですので、日本酒に相当なこだわりや蘊蓄をお持ちの方がたくさんおられます。と言うわけでお客様の要求に応えるべく、メニューにはそれぞれの銘柄についての解説がついています。そして辛口とか甘口とか口当たりの説明。プラス6.0からマイナス6.0の表示までついていて、通の心をくすぐります。

 辛口とはアルコール濃度の高いお酒のことと、一般に理解されています。プラス6.0からマイナス6.0というのはそのアルコール濃度の指標です。ところが、数字が高いほど「辛い」のかというと、そうでもありません。「辛口」のフルーティなお酒は、舌にピリピリこなくて、むしろすっきり甘い。日本酒の本当のうまさはこれなんじゃないか!と思ったりします。

 逆に数字がマイナスのお酒で、アルコールを強く感じて辛いお酒もあります。辛口かどうかは、単純にアルコール濃度だけで決まるものではないようなのです。

 そういえば、30年や35年のビンテージ物のシングルモルトでも、50度近いアルコールなのにとろりと甘いものに出会ったりします。このあたりが、お酒の深いところで、面白みでもあります。でも、メニューでいう辛口はアルコール濃度だけで一方的に決められているのが現状のようです。

 それにしても、口当たりの良い辛口のお酒は、とても危険ですね。本来、ちびりちびりとやるべきである日本酒なのに、ぐいぐいと飲めてしまう。肴の味も引き立てるから、箸も進み、それにつれて杯も重ねてしまう。

 気がついたら、とっくに定量オーバー!1次会であえなく撃沈。私も何回となく、そんな経験をしました。どんなに口当たりが良くても、結局、アルコール度数が酔いの深さを決めるのですから、辛口が酔いやすいことだけは、間違いがありません。

 今は、辛口のお酒は始めの2杯までにしています。どうせ、それ以後は酔ってくるので、繊細な日本酒はもったいない。焼酎かガツンとウイスキーに走っています。あれれ、冷静に考えると、もっと酔いが強くなりそうですね。反省…。

(札医大医学部教授・當瀬規嗣)


おとなの養生訓 一覧へ戻る

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • オノデラ
  • 日本仮設
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌・月寒東に延べ3.2万m²の日本医療大
2019年05月29日 (5,198)
きのとや、札幌・清田に新店舗 完成は11月中旬
2019年06月08日 (4,823)
札幌市、地下鉄駅をリフレッシュ 10カ年で92億円
2019年05月28日 (2,996)
札幌駅南口再開発が始動 北4西3に超高層複合ビル 
2019年05月24日 (2,901)
芙蓉総合リースが札幌・北10西16に商業施設
2019年06月09日 (2,251)

連載・特集

連載 ルポ色丹島 北方領土ビザなし交流new

ルポ色丹島 北方領土ビザなし交流
開発の波が訪れつつある色丹島の状況を報告します。

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第161回は「チャーハン」。白飯より 血糖値の上昇が緩やかで、太りにくい 性質があります。