新庁舎建設工事の予定価格は総額80.4億円 北見市

2017年11月11日 09時00分

 15日に入札が予定されている、北見市新庁舎建設工事の予定価格が明らかになった。入札するのは建築主体2件、電気設備2件、機械設備2件の計6件。6件の予定価格総額は80億4206万円となっている。

 予定価格は、建築主体1が29億6955万円、建築主体2が23億1161万円、電気設備1が6億2259万円、電気設備2が6億2226万円。主に空調などを担当する機械設備1は10億4105万円、衛生や給排水を担当する機械設備2は4億7500万円。

 既に市内の各工種A等級業者による共同体に指名しており、15日の入札後、30日から行われる予定の第4回定例市議会で承認を受けて着工する見通し。

 新市庁舎の設計は久米設計・都市設計研究所・清和設計事務所共同体が担当。規模はSRC一部S造、地下1地上7階、延べ1万7198m²。

 建設地はJR北見駅から南西側約250mの大通西3丁目1の1に位置。完成は2020年9月末を目指している。建設費は88億4510万円。

北海道建設新聞社が提供する会員向けサービス「e-kensinプラス」では、気になる入札案件の詳細な情報をいち早く入手することができます。

予定価格などの追加情報も随時更新。公告時・結果公表時のメールお知らせ機能など、様々なサービスでお客様の情報収集をサポートします。

くわしいサービスの内容についてはこちらのページからご確認下さい。


関連キーワード: 入札情報 庁舎 建築

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • 古垣建設
  • 日本仮設
  • オノデラ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

「岩田地崎が首位」ゼネコン上半期・道内受注ランキング
2017年11月03日 (2,564)
市内初の大型ホテルに スーパーホテルが石狩市に進出打診
2017年10月27日 (2,052)
新千歳空港国際線ビル拡張を着工 契約総額518億円
2017年11月10日 (1,888)
小樽駅前第1ビル周辺地区で再開発 準備組合が設立
2017年10月31日 (1,432)
旧みずほ銀札幌寮跡に複合商業施設を計画 アルファコート
2017年10月24日 (1,322)

連載・特集

特集 NETIS特集2017new

公共工事の品質向上やコスト削減に つながる、先進的な新技術について 紹介します。

連載 おとなの養生訓

第124回は「スポーツケア」。運動後 は入浴やストレッチで血行を良くして 筋肉の回復を促進させましょう。

連載 北海道・モンゴル経済交流

モンゴル国内の経済活動や、北海道 企業の活躍、両者のマッチングなど の交流について報告します。