大型ジャケットを起重機船で設置 釧路港の桟橋土台

2017年11月14日 12時00分

 釧路開建は10日、釧路港西港区で整備を進める国際物流ターミナル(バルク)のマイナス14m岸壁上部で桟橋の土台となる大型ジャケット据え付けの施工現場を公開した。2016年度のジャケット据え付けに続き、今回が最後の作業となる。1600㌧づりの起重機船が大型ジャケットを繊細な操作で設置。17年度末の完成に向け岸壁の姿が見え始めてきた。

 バルク港湾は現在のマイナス12m岸壁では半載でしか入港できないパナマックス船を満載で入港できるようにするためマイナス14m岸壁に改良している。岸壁上部は施工期間の短縮や経済性を考慮しジャケット式桟橋を採用した。道内での施工は室蘭の追直漁港、函館漁港に次いで3例目となる。

 16年度は岸壁B部に3基を据え付け、ことしはA・B・C部に計5基のジャケットを10日から1週間程度の日程で据え付ける。

大型ジャケットを起重機船で

起重機船が慎重な作業で据え付けた

この日は、五洋建設が施工する釧路港マイナス14m岸壁B部上部の現場で行われた。神戸港から来港した起重機船が、北九州で製作されて海上運搬してきたジャケットを台船からつり上げ、旋回しながら杭の位置まで慎重に微調整しながら降ろしていった。(釧路)


関連キーワード: 港湾

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • 古垣建設
  • 東宏
  • 川崎建設

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

「岩田地崎が首位」ゼネコン上半期・道内受注ランキング
2017年11月03日 (2,564)
市内初の大型ホテルに スーパーホテルが石狩市に進出打診
2017年10月27日 (2,052)
新千歳空港国際線ビル拡張を着工 契約総額518億円
2017年11月10日 (1,888)
小樽駅前第1ビル周辺地区で再開発 準備組合が設立
2017年10月31日 (1,432)
旧みずほ銀札幌寮跡に複合商業施設を計画 アルファコート
2017年10月24日 (1,322)

連載・特集

特集 NETIS特集2017new

公共工事の品質向上やコスト削減に つながる、先進的な新技術について 紹介します。

連載 おとなの養生訓

第124回は「スポーツケア」。運動後 は入浴やストレッチで血行を良くして 筋肉の回復を促進させましょう。

連載 北海道・モンゴル経済交流

モンゴル国内の経済活動や、北海道 企業の活躍、両者のマッチングなど の交流について報告します。