おとなの養生訓

おとなの養生訓 第35回「刺身」 強い酢で寄生虫を死滅

2013年12月17日 17時30分

 忘年会の宴会となれば、コース料理が定番ですね。コースには、かなり高い確率で刺身の盛り合わせがでます。和食の宴会に刺身はつきものです。さらに最近は、和食だけでなくイタリアン料理のカルパッチョも一般的になったので、刺身を食べる可能性はますます高まっています。

 冷凍、冷蔵の輸送技術も開発されて、極めて新鮮な状態で港から料理店まで運ばれるので、昔は「刺身は不可能」と思われていた、サンマやサバ、サケも刺身で出てきたりします。すごい世の中になったものです。

 でも、新鮮な魚の刺身が必ずしも安全とは言えません。雑菌が繁殖して食中毒を起す危険性は限りなく低下しましたが、逆に魚に付いている寄生虫も死なないことになるので、寄生虫の害が発生する危険性は、むしろ高まっています。

 有名どころで言うと、アニサキスです。イカ、アジ、サバ、サケ、ホッケなどの魚の内臓と内臓回りの身に、実は、必ずと言っていいほど潜んでいます。人に寄生することはないのですが、生きたまま食べると、胃酸に苦しんだアニサキスが、逃れようと胃壁に刺さり込むので、猛烈な激痛が襲います。

 こうなると、内視鏡でアニサキスを胃の壁からつまみ取るしかありません。食べてから数時間以内に発症するので、大抵は救急車のお世話になることになります。

 昔の人は、刺身に寄生虫がいることはよく知っていたので、いろいろな防御策を打っていました。イカは細く切ってイカそうめんにします。こうして虫を切り殺そうというわけです。だから、幅広のイカの刺身は要注意です。

 アジもそのままの刺身にしないで、タタキにします。こうなれば、虫はひとたまりもないでしょう。虫は冷凍で死ぬので、身を一旦凍らせてから刺身にするサケのルイベも、こうした知恵の一つです。

 酢でしめるのも、虫を殺す方法です。昔のしめ鯖は、身が白くなるほど長く徹底的にしめていたので、虫は完全死滅でした。しかし、最近のグルメブームのせいで、しめ鯖は身の色がかわらない刺身のようなしめ鯖が主流になっています。もちろんおいしいのですが、これは結構危険です。この程度の軽い酢では、虫が死なない可能性が高いからです。そうめん、たたき、ルイベ、強い酢しめ、が養生訓です。

(札医大医学部教授・當瀬規嗣)


おとなの養生訓 一覧へ戻る

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

再開発マップ(札幌版)
  • オノデラ
  • 日本仮設
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

ダクタイル鋳鉄管データ不正 十勝管内にも影響...
2022年01月14日 (5,017)
「アイアンショック」の足音 鋼材高値、リーマン前に...
2021年07月15日 (3,639)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (3,410)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (3,112)
6トンネル9.7km整備へ 道東道4車線化3区間...
2021年12月22日 (2,971)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第223回は「感染第6波」。ワクチンの追加接種が広がるまで、対策徹底を。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第16回「吉祥文様で良い一年を」。縁起の良い模様に背中を押してもらうのはどうでしょう。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第15回「事業拡大と補助者制度」自分以外でもできる仕事を人に任せながら、事業拡大について考えています。