おとなの養生訓

おとなの養生訓 第36回「おせち料理」 少しずつ味わうように

2013年12月27日 16時45分

 忙しいビジネスマンも、年末年始はお休みを取られると思います。おうちでゆっくり過ごす、帰省する、旅行に出る、いろいろな過ごし方がありますが、どこでも連日ごちそうを食べることになるのでしょう。とくにお正月の定番は、やはりおせち料理。北海道は大晦日の夜からおせち料理を食べる風習がありますから、お正月三が日を含めて、4日間もおせち料理という方も多いかと思います。

 おせち料理には、いろいろな由縁がありますが、全般的に言えることは、日持ちする料理だということです。かつては、正月三が日はお店もお休みのところが多かったので、大晦日までにおせち料理を用意して、三が日は買い物をしなくても済ませられるという、意味合いが大きかったとも聞きます。

 日持ちがする料理というのは、よく火を通した料理、そして味付けが濃い料理です。田作り、栗きんとん、昆布巻き、黒豆、うま煮など、おせち料理は総じて甘い料理が多いのです。お砂糖を使うことが贅沢だったこともあるのですが、お砂糖の濃度が高いと、細菌の繁殖を防ぐことが出来るので、日持ちしやすいことも、一つの理由です。

 さらに、新巻鮭、鯛の塩焼き、いくら、数の子、煮染めなど塩気の強い料理も並びます。これも日持ちしますね。雑煮も汁まで飲み干せば、かなりの塩分です。これだけ甘くてしょっぱい料理が続くと、なますの酸っぱさが助かるのですが、実はたくさんのお砂糖と塩が入っています。

 おせち料理にはたくさんのお砂糖とお塩が入っています。血圧と糖尿が気になる方には要注意なのです。さらに、お餅や日本酒も付きものですから、糖分の摂取量は相当なものになります。三が日が終わったときには、かなりの体重増に驚く話をよく聞きます。三が日の間に運動不足になる傾向も、これに拍車をかけるのでしょう。

 だからといって、折角のお正月におせち料理に手を付けないのも、寂しいものです。さて、どうしたものでしょうか。一つの方策は、いろいろなおせち料理を少しずつお皿にとって、ゆっくり味わうようにすること、雑煮のお餅は、1食あたり2個ぐらいにとどめることでしょうか。大晦日に煩悩を打ち払ったはずですが、正月早々、煩悩にくるしむのでしょうか…。

(札医大医学部教授・當瀬規嗣)


おとなの養生訓 一覧へ戻る

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • イイファス
  • 北海道水替事業協同組合
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌駅南口再開発が始動 北4西3に超高層複合ビル 
2019年05月24日 (2,084)
新さっぽろ駅周辺地区 G・I街区の開発始まる
2019年08月08日 (2,033)
札幌都心部でホテルの建設加速 19年上半期に9件
2019年07月30日 (1,542)
きのとや、札幌・清田に新店舗 完成は11月中旬
2019年06月08日 (1,469)
カレスが札幌・北6東3に医療センター 21年10月に着工
2019年08月01日 (1,360)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第166回は「北海道マラソン」。渇きを感じる前にこまめな給水をし、完走を確実に目指しましょう。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。