おとなの養生訓

おとなの養生訓 第36回「おせち料理」 少しずつ味わうように

2013年12月27日 16時45分

 忙しいビジネスマンも、年末年始はお休みを取られると思います。おうちでゆっくり過ごす、帰省する、旅行に出る、いろいろな過ごし方がありますが、どこでも連日ごちそうを食べることになるのでしょう。とくにお正月の定番は、やはりおせち料理。北海道は大晦日の夜からおせち料理を食べる風習がありますから、お正月三が日を含めて、4日間もおせち料理という方も多いかと思います。

 おせち料理には、いろいろな由縁がありますが、全般的に言えることは、日持ちする料理だということです。かつては、正月三が日はお店もお休みのところが多かったので、大晦日までにおせち料理を用意して、三が日は買い物をしなくても済ませられるという、意味合いが大きかったとも聞きます。

 日持ちがする料理というのは、よく火を通した料理、そして味付けが濃い料理です。田作り、栗きんとん、昆布巻き、黒豆、うま煮など、おせち料理は総じて甘い料理が多いのです。お砂糖を使うことが贅沢だったこともあるのですが、お砂糖の濃度が高いと、細菌の繁殖を防ぐことが出来るので、日持ちしやすいことも、一つの理由です。

 さらに、新巻鮭、鯛の塩焼き、いくら、数の子、煮染めなど塩気の強い料理も並びます。これも日持ちしますね。雑煮も汁まで飲み干せば、かなりの塩分です。これだけ甘くてしょっぱい料理が続くと、なますの酸っぱさが助かるのですが、実はたくさんのお砂糖と塩が入っています。

 おせち料理にはたくさんのお砂糖とお塩が入っています。血圧と糖尿が気になる方には要注意なのです。さらに、お餅や日本酒も付きものですから、糖分の摂取量は相当なものになります。三が日が終わったときには、かなりの体重増に驚く話をよく聞きます。三が日の間に運動不足になる傾向も、これに拍車をかけるのでしょう。

 だからといって、折角のお正月におせち料理に手を付けないのも、寂しいものです。さて、どうしたものでしょうか。一つの方策は、いろいろなおせち料理を少しずつお皿にとって、ゆっくり味わうようにすること、雑煮のお餅は、1食あたり2個ぐらいにとどめることでしょうか。大晦日に煩悩を打ち払ったはずですが、正月早々、煩悩にくるしむのでしょうか…。

(札医大医学部教授・當瀬規嗣)


おとなの養生訓 一覧へ戻る

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 北海道水替事業協同組合
  • イイファス
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

JR札幌駅前の再開発ビル 延べ42万m²の規模で構想 
2020年07月31日 (4,889)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,157)
日高自動車道静内―三石間 最短ルートで最大1140億円
2020年07月17日 (2,036)
リゾート化進む倶知安町山田 上水道整備が難航
2020年07月27日 (1,051)
「解体は拙速」 北海道百年記念塔の内部視察報告会
2020年07月29日 (1,041)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 会社探訪記new

会社探訪記
地域に根差した企業を不定期で紹介します。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第188回は「感染対策」。形だけにならないよう、消毒液はたっぷり使い、マスクは鼻までしっかりしましょう。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。