おとなの養生訓

おとなの養生訓 第38回「冬の朝食」 卵などタンパク質摂取

2014年01月24日 13時19分

 寒さが一段と厳しさを増しています。とくに朝方は冷え込みが強く、なかなか布団から抜け出せませんね。ましてや仕事場へ向かうために外に出たとたんに、身が縮みあがるような寒さが襲っています。つまり、寒さのために大事な一日のスタートが鈍りがちになるわけです。

 仕事の効率が断然にいい午前中に、スムーズに仕事に入っていくためにも、朝のスタートは大事にしたいものです。特に通勤途中の寒さに打ち勝つためには、朝食が大事であることを指摘したいと思います。

 朝食にはいろいろな効用があることがわかっています。毎日、朝食をとることで、体のリズムを整えることができます。また、朝食で補ったエネルギーが午前中の仕事をこなすために必須であるといわれています。

 1日3食の間で比較すると、朝食で食べる量を一番多くして、夕食を控えめにするのが、健康管理の上では一番良いと指摘する研究者もいます。ですから、朝食を抜くのは、あまり感心したことではないのです。

 さて、この寒い季節では、朝食はさらに重要な役割が出てきます。まず、朝食を食べることで、消化管が活動し、それがきっかけとなって、体全体の機能が眠りから覚めてくると言われます。寒さで体の動きが鈍い朝は、コーヒーやたばこではなく、朝食で目覚めるのがいいのです。

 また、食事を食べて栄養を腸で吸収する際に、体の中で熱が発生します。つまり、食事をすると、それだけで体が温まるのです。専門用語で特異動的作用といいます。この作用は、糖質、脂質、タンパク質の吸収で起こるものですので、これらが含まれていないコーヒーではほとんど体は温まりません。

 特異動的作用はタンパク質で強いことがわかっていますので、朝食でタンパク質豊富な食事を選ぶのが冬の朝食のポイントです。たとえば、卵、牛乳、納豆、味噌、とうふ、あとはアジの干物、塩シャケ、ハムなんかもいいかもしれません。

 あくまでも吸収するときに熱が発生するので、食事自体の温度は必ずしも温かくなくてもいいのです。理屈だけでいえば冷奴でも効果があるはずです。でも冬の朝食には向かないですかね。私は温かいご飯に納豆をたっぷりかけて、味噌汁をお供にしています。卵焼きがあればいうことなし!

(札医大医学部教授・當瀬規嗣)


おとなの養生訓 一覧へ戻る

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • web企画
  • 東宏
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

JR北海道 小樽、ニセコにホテルを計画
2019年07月23日 (2,564)
札幌駅南口再開発が始動 北4西3に超高層複合ビル 
2019年05月24日 (2,057)
新さっぽろ駅周辺地区 G・I街区の開発始まる
2019年08月08日 (1,827)
きのとや、札幌・清田に新店舗 完成は11月中旬
2019年06月08日 (1,460)
札幌都心部でホテルの建設加速 19年上半期に9件
2019年07月30日 (1,387)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第165回は「のどの渇きと湿度」。体 温が下がらず余計に汗が出るため、湿 度が高いと喉が渇きやすくなります。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。