おとなの養生訓

おとなの養生訓 第39回「眼精疲労」 肩こりや頭痛の原因に

2014年02月14日 15時07分

 書類の作成や整理、パソコンの操作、自動車の運転など、仕事では常に目を使っています。とくに根を詰めて仕事をこなすと、目に強い疲れを感じるようになります。いわゆる眼精疲労です。

 それが積み重なると、肩こり、めまい、頭痛など症状が現れます。下手をすると、高血圧の原因となり、脳卒中や心筋梗塞の危険性が高まります。眼精疲労を侮ってはいけません。しかし、なぜ、目を使いすぎると疲れてしまうのでしょうか?

 目は、鼻、耳、舌と同じ感覚器です。感覚器は体の周りの環境の状況を察知して、脳へ伝える役割を持っています。でも、鼻や耳や舌を使いすぎたので疲れた、ということにはなりません。目のしくみだけ特別になっているためです。

 実は、目のしくみには、いくつかの筋肉がかかわっています。眼球を動かすための外眼筋、瞳孔を拡げる瞳孔散大筋、瞳孔を縮める瞳孔括約筋、目のピントを調節する毛様体筋などです。

 お分かりのように、筋肉は使いすぎると疲労します。目を使いすぎると、これらの目の筋肉に、徐々に疲労がたまってきます。とくに毛様体筋は疲れやすいようです。この筋肉が疲れると、目のピントが合いにくくなり、目がかすんできます。

 さらに、目の疲労を解消するために血液が目に集まって充血したり、熱感が出たりするのです。こうした目の状態は精神的、肉体的な負担になるので、顔、首、肩の筋肉の緊張を引き起こし、肩こりや頭痛などを引き起こすのです。

 眼精疲労が起こると、仕事の効率は大いに低下します。ですから、疲れを感じたら、すぐに目を休めることが必要です。一番効果的なのは、窓の外の遠くの景色に目をやることです。人の目は遠くにピントが合っているときに、特に毛様体筋が完全に緩む状態になるからです。

 また、ピントが合いにくい状態を続けると、毛様体筋はピントを合わせるために緊張し続けることになるので、大きな負担です。合っていないメガネは眼精疲労のもとです。とくに、40歳以降の方は、多かれ少なかれ老眼が進行しています。老眼を矯正しないでいると、目に常に負担をかけていることになります。無理をせず、老眼鏡の使用をお勧めします。中年で血圧が高めのあなた!老眼鏡で血圧が下がるかも!

(札医大医学部教授・當瀬規嗣)


おとなの養生訓 一覧へ戻る

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • 古垣建設
  • 東宏
  • イイファス

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

19年度から札幌市内の工事が本格化 北海道新幹線整備
2019年01月23日 (5,175)
北海道局長に和泉氏 開発局長は水島事業振興部長 国交省
2018年07月24日 (3,317)
道東道夕張―十勝清水間の4車線化へ道などが緊急要望
2019年01月25日 (2,552)
北4西18に複合施設 カレスサッポロが10月着工
2019年01月21日 (2,104)
サッポロテイセンボウルなど跡地に商業施設検討
2019年01月31日 (2,099)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第153回は「夢」。一日の記憶を整理 整頓して、脳の疲労を解消する役割を 持っています。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。