おとなの養生訓

おとなの養生訓 第40回「二日酔い」 寝る前に命の水を2杯

2014年02月28日 18時07分

 酒宴が盛り上がって、ついつい杯が進みます。相当に酔っぱらってご帰宅。はっと気が付くと、朝になっています。幸い布団のなかでちゃんと寝てはいるのですが、どうやって帰ってきたのか、どうやって布団に入ったのか、記憶がまだらで、はっきりしません。

 大いに反省して、起き上がろうとすると、気持ちが悪い。頭を上げようとすると、頭痛がして、めまいもある。完全な二日酔いです。さて、出勤できるのか?おおいに悩むところでしょうか。

 二日酔いの原因は三つあるといわれています。一つは、体内にまだアルコールが残っている状態。つまりまだ酔っているというものです。この場合は意外と頭痛や吐き気は出なくて、体がふわふわして、顔がまだ赤いという状態です。比較的お酒に強い人がなりやすいタイプです。

 もう一つは、おおむね体内からアルコールは抜けているのだけれど、アルコールが分解される途中で生じるアセトアルデヒドという物質が、まだ体内に大量に残っている状態です。

 お酒を飲むとすぐに顔が赤くなるタイプの人の二日酔いはこちらが多いようです。このアセトアルデヒドは、体に対して悪さをします。血管を拡張するので、顔は赤いままなのですが、血圧も下がり気味になるので、頭を上げると、頭から血が下がってしまい、めまいがします。このめまいが吐き気を引き起こします。

 血管拡張が強すぎると、それが原因で頭痛がおこります。また、アセトアルデヒドは脳に作用して、軽いうつ状態を作るといわれています。二日酔いで気分が下がるのは、このためといわれています。

 三つ目は、脱水です。お酒を飲むと、アルコールの作用で、普段より多くのおしっこが出てしまいます。そこで給水をしないと、体全体で水分不足となり、そのために血圧が下がって、起きられなくなってしまうのです。たいていの二日酔いは、アセトアルデヒドの作用と脱水が重なって起こっているようです。

 さて、二日酔いを防止するにはどうしたらよいでしょうか。それは何としても寝る前に水を飲むことです。できればコップ二杯ぐらい。そうすれば、脱水は防げるし、翌朝出るたくさんのおしっこのおかげで、アセトアルデヒドの抜けもよくなるはずです。どんなに酔っていても、寝る前に命の水、お忘れなく。

(札医大医学部教授・當瀬規嗣)


おとなの養生訓 一覧へ戻る

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • 日本仮設
  • 北海道水替事業協同組合
  • 川崎建設

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

19年度から札幌市内の工事が本格化 北海道新幹線整備
2019年01月23日 (5,137)
北海道局長に和泉氏 開発局長は水島事業振興部長 国交省
2018年07月24日 (3,354)
道東道夕張―十勝清水間の4車線化へ道などが緊急要望
2019年01月25日 (2,540)
北4西18に複合施設 カレスサッポロが10月着工
2019年01月21日 (2,301)
サッポロテイセンボウルなど跡地に商業施設検討
2019年01月31日 (2,074)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第153回は「夢」。一日の記憶を整理 整頓して、脳の疲労を解消する役割を 持っています。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。