おとなの養生訓

おとなの養生訓 第48回「お酌」 善意の勧めが強要にも

2014年06月27日 13時08分

 差しつ差されつ、お酒を酌み交わすのは、酒席での重要なコミュニケーションツールといわれます。しかし、注がれたお酒に、必ず口をつけなければならないという「決まりごと」は結構、厳しいものがあります。結婚披露宴の席で、次々にお酌されて、顔真っ赤にしてふうふう言っている新郎を見たりすると、かわいそうになってきます。

 正直、お酌は体に良くないと思います。自分がどのくらいのお酒を飲んだのか、判らなくなってしまうからです。お酌する方は、そのことだけが目的(?)だから、相手が前後にどのくらいのお酒を飲んでいるか、そのピッチはどのくらいかなんて、一切構わず、善意の塊として勧めてきます。

 断れないからと、素直に受け続けると、結果的にハイピッチで、相当な量のお酒を飲む羽目になります。これは、悪名高き「一気飲み」とさほど変わりません。さらに、注がれた杯やコップを空にすることを求められたりして…。やはりお酌なんてなしで、気兼ねなくマイペースで楽しみたいものです。

 そういえば、ワインやビールより、日本酒の方がお酌されてしまう確率が高いような気がします。もともと、日本酒はお燗して飲むのが普通で、それもお猪口で、一口ずつ飲むものでした。お燗が冷めないように楽しむための方策です。

 だから、日本酒はもともとお酌が前提のお酒なのです。ところが、今は冷やのコップ酒に平気でお酌してしまいます。で、酒宴ではビールやワインまでお酌するのです。味が変わっておいしくないと思うのですが…。

 元来、ワインは大きなグラスに入れて、ある程度自分のペースで飲み進めるのが原則。ビールはジョッキに入れて、それを飲み干すまで注ぎ置きなんてしません。ウイスキーのストレートをお酌なんてしないでしょう!よく調べると、お酒がまだ入っている杯にお酌をするのは、日本ぐらいのものらしいのです。

 日本のお酌文化は、もちろんいいところもあるのですが、ともすると、お酌する方が、される方に飲酒を強要することにつながってしまいます。学生や若い人たちの飲酒事故は、お酌による飲酒の強要が発端である場合が大半です。お酌は、初めの一杯目でとどめたらどうでしょうか?

(札医大医学部教授・當瀬規嗣)


おとなの養生訓 一覧へ戻る

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • イイファス
  • オノデラ
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

JR札幌駅前の再開発ビル 延べ42万m²の規模で構想 
2020年07月31日 (4,889)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,157)
日高自動車道静内―三石間 最短ルートで最大1140億円
2020年07月17日 (2,036)
リゾート化進む倶知安町山田 上水道整備が難航
2020年07月27日 (1,051)
「解体は拙速」 北海道百年記念塔の内部視察報告会
2020年07月29日 (1,041)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 会社探訪記new

会社探訪記
地域に根差した企業を不定期で紹介します。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第188回は「感染対策」。形だけにならないよう、消毒液はたっぷり使い、マスクは鼻までしっかりしましょう。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。