おとなの養生訓

おとなの養生訓 第52回「体臭」 生活習慣の乱れも原因

2014年08月22日 11時20分

 汗ばむ季節が続いています。汗をかくと体臭が気になります。しかし、汗自体はにおいがほとんどありません。体臭はどうして起こるのでしょうか?体臭は汗や皮脂、垢などの成分が皮膚の表面に住み着いている雑菌の作用で分解されることで生じます。

 成分とは脂質やたんぱく質、アミノ酸などで、これは雑菌のいわばエサになるわけです。結果として生じる分解産物には揮発性の成分が多く含まれていて、これがにおいを生じさせるのです。

 つまり、汗をかいた直後には、においはないのですが、それをそのままにしていると、雑菌の作用でどんどん体臭が強くなっていくということになります。

 そこで、体臭を防ぐには、汗をかかないのが一番ということになりますが、暑い時期には無理というものです。制汗剤を使う手もありますが、暑い時期は汗をかくことで体温調節をしているわけですから、汗を抑えると熱中症の危険もあります。

 ですから、汗をかいたらにおいが発生する前に、こまめにふき取るのがいいようです。乾燥したハンカチなどより、濡れた手ぬぐいや濡れティッシュなどで拭き取ると、汗だけでなく、皮脂や雑菌も拭き取れるので効果的です。

 汗が衣服にしみこむと、雑菌が繁殖しやすくなり、においが強くなるようです。でも、いちいち着替えるわけにもいきませんから、なるべく服に汗が移らないように、こまめにふき取るしかないようです。

 体臭が強いと気にしている人、結構多いようです。暑いとき以外にも、汗は大なり小なりかいているもので、汗をかいていると気づかないことも多いので、拭き取り法だけでは対処できません。

 一方で、汗はかきやすいけど、あまり体臭が出ない人も結構います。この違いは、体臭の原因に生活習慣の乱れがかかわっているからです。多食、飲酒、運動不足、喫煙、ストレスにより汗や皮脂の成分が変化し、体臭が出やすくなるのです。

 よく言われる「おじさんは臭い」というのは、年を取ると加齢臭が出るからだといわれていますが、それよりも、生活習慣の乱れが大きな原因ではないかと考えられます。とくに、運動不足だと、汗腺の機能が低下し汗の成分が変化して、体臭を出しやすくなることが指摘されています。体臭対策には、汗をかくような運動がお勧めです。

(札医大医学部教授・當瀬規嗣)


おとなの養生訓 一覧へ戻る

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • 古垣建設
  • イイファス
  • 日本仮設

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

19年度から札幌市内の工事が本格化 北海道新幹線整備
2019年01月23日 (5,175)
北海道局長に和泉氏 開発局長は水島事業振興部長 国交省
2018年07月24日 (3,317)
道東道夕張―十勝清水間の4車線化へ道などが緊急要望
2019年01月25日 (2,552)
北4西18に複合施設 カレスサッポロが10月着工
2019年01月21日 (2,104)
サッポロテイセンボウルなど跡地に商業施設検討
2019年01月31日 (2,099)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第153回は「夢」。一日の記憶を整理 整頓して、脳の疲労を解消する役割を 持っています。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。