おとなの養生訓

おとなの養生訓 第68回「マラソン初心者」 通気性ある服で熱発散

2015年04月24日 14時59分

 ここ数年、一段とランニングが国民の趣味として広がりを見せています。とくに中高年においては、自身の健康維持のためにランニングを始める人が多くなっているようです。それも、若い頃スポーツをやっていた人が、ランニングを始めるというようなケースだけでなく、それまで全くスポーツと無縁だった人が、色々なきっかけでランニングを始めるようなケースが多くなっています。

 ランニングは、自宅の周りや近所の公園などで気軽に始められることも、ブームを後押ししているようですが、そうしてランニングが日課になってくると腕試しをしたくなるもの。

 最近はそうした市民ランナーが気軽に参加できるマラソン大会が各地で行われるようになりました。北海道の主要都市では、少なくとも年に1回は何らかの市民ランナーのマラソン大会が行われています。

 つまり、昨今のマラソン大会は初心者の参加が増えているということです。たとえば、職場でランニングが流行り始めて、直近のマラソン大会に職場のメンバーが集まって参加することで盛り上がったとします。普段ランニングとは全く無縁だった人にも、勢い声がかかります。

 みんながやるのに、自分だけ断るのは気が引ける。生返事を返しているうちに、すっかり話が進んで、出場する羽目になってしまった人も多いとか。こうしたモチベーションの低い初心者の方が、事故なくマラソンを走るための注意点があります。

 大会まで、なるべく走る練習をしてほしいのですが、初心者ほど思うに任せないものです。仕事だって忙しいから、走る時間はなかなか取れません。練習不足の初心者が走るのですから、決して無理はしないでほしいものです。

 まず、ふつうのTシャツやトレーナーでマラソンを走るのはやめてください。マラソン中はすぐに体が熱くなってしまうのが普通で、厚手のウエアや通気性のないウエアでは、たちまち熱中症になってしまいます。寒い春先や晩秋の北海道でも危険です。

 初心者は皮下脂肪が多いので、熱の発散効率がわるく、なおさら危険性が高いとお考えください。また、初心者は周りの雰囲気にのまれて、スタート直後に実力以上のスピードで飛ばしてしまう人がほとんどです。これは、確実に後半のバテを引き起こします。昔はスポーツやっていた人も初心者です。ゆっくり走って完走できたら御の字ではありませんか?

(札医大医学部教授・當瀬規嗣)


おとなの養生訓 一覧へ戻る

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • 日本仮設
  • イイファス
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

2019年1―2月にオープン ベガスベガス釧路店新築
2018年05月04日 (5,548)
江別蔦屋書店オープン 飲食など17テナントが出店
2018年11月21日 (2,793)
富良野道路が開通 北の峰トンネルなど難工事克服
2018年11月26日 (2,628)
JR苗穂駅新駅舎が開業 橋上化、再開発動きだす
2018年11月17日 (2,297)
札幌駅前通ビル2棟を一体開発 ヒューリック
2018年11月29日 (2,215)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第149回は「冷え」。その症状は血液の循環、血流不足によって起きます。その対策などをお教えします。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。

連載 エンジン01in釧路 市民向け講座から

北海道150年を支えた偉人
釧路公立大で開かれた市民向け講座を紹介します。全9回

連載 道総研 研究・活動報告2018new

明日を支える
北海道立総合研究機構建築研究本部の取り組みや課題を紹介します。全15回